♂&♀

イケない、セックスレス…女性の悩みに、トップ男優・森林原人がナマ回答!

 女性なら誰しも持っているであろうエッチの際の悩みごと。セックスでなぜかイケなかったり、ラブタイム中に自分のコンプレックスが気になって楽しめなかったり……心配事は尽きないですよね。 乾杯! そんな悩みを抱くアラサー女性たちが開催する女子会に、人気AV男優の森林原人さんが緊急参加! 女性のためのセクシャルヘルスケア専門ブランド「LCラブコスメ」のアイテムを試しながら、普段はなかなか吐露することのできない本音やヒミツを、宅飲みしながら語ってもらいました。  女子SPA!の連載「性活相談」でもお馴染みの森林さんは、以前から「一般女性の悩みを直接聞いてみたい」と思っていたそう。参加女性たちの赤裸々すぎる悩みと、森林さんの超実践的なアドバイスは必見です! 罫線

参加した女性たち

さくらさんさくら(27) IT系OLで5年続いている彼氏あり。 かなさんかな(34) 化粧品の販売員。彼氏いない歴が長く、男性からはセフレ扱いされがち。 まことさんまこと(29) 唯一の既婚者だが、新婚当初からセックスレス。 罫線

男の「シャワー浴びなくていいよ」の本音

――今回はさくらさんのお宅で女子会を開いているわけですが、森林さんは女子会に参加したことってありますか? 森林:こういう女子会に参加する機会なんてなかったから、すごくドキドキしてます。セックスの話は“肉食女子会”じゃないとしないって聞いたことがあるんですけど、普通にするものなの? かな:リアルタイムでの悩み相談は、あんまりしないかもしれませんね。「こないだ、こういう人とエッチして~」みたいな事後報告ならバンバンするけど(笑)。 リアルタイムのセックス話はしない?森林:じゃあ、今日はせっかくだからどんどん相談しちゃってください。なんか悩んでることってある? かな:私、以前に彼氏から「課長と同じニオイがする」って言われたことがあるんですよ……。 森林:それって、加齢臭ってこと!? ぜんぜん、そんなニオイしないけど……(かなさんの首筋を嗅ぐ森林さん)。 かな:きゃあああ~! 変な臭いがしたら森林さんに申し訳ないんで嗅がないでください~! さくら:私も自分の体臭が気になります。エッチの前に「シャワー浴びないでいいよ」って言ってくる男性がいるけど、あれってどれくらい本気なんだろう? 男の「シャワー浴びないでいいよ」はどれくらい本気?森林:僕はそのセリフは、1回目は礼儀だと思ってます(笑)。でも、2回、3回と言ってくる男は本当に体臭を気にしないというか、むしろ好きだね。 罫線

10代より30代のアソコの方がいいニオイ!?

かな:そうなんだ! それでも、舐めるならちゃんと舐めて欲しい。たまに申しわけ程度に舐めてクンニした気になってる男がいるけど、だったらしなくていい! って思っちゃいます。 さくら:わかる。ただでさえコンプレックスがあるのに、ニオイがバレてるんじゃないか気になって集中できない。 まこと:私、年を重ねるごとに気になってます。三十路をすぎるとアソコのニオイが変わるって言うじゃないですか。 森林:いや、むしろ30代は10代に比べたらいいニオイですよ。年の功でアソコの洗い方を知ってるから。クリの根元と、小陰唇・大陰唇の間の溝を、セックス直前だけじゃなく普段からしっかり洗うことが大切なんだけど、若いコは洗えてない。 30代は10代に比べたらいいニオイ一同:へ~。 ――みんな、デリケートゾーンってどうやって洗ってます? さくら:ふつうにボディーソープで洗ってますけど……。 まこと:私も。 森林:ふつうの石鹸で膣の中まで洗っている女性っているけど、常在菌まで洗いながしてしまうから、洗いすぎはよくないんですよ。この前会った婦人科の先生も言ってた。 ――デリケートゾーンはふつうの石鹸やボディソープだと刺激が強すぎて、逆にニオイや黒ずみの原因になることもあるみたいですね。だから、デリケートゾーン用の石鹸がいいらしいですよ。たとえばこの「ジャムウ・ハーバルソープ」とか。 ジャムウ・ハーバルソープを持つかなさんかな:これ、石鹸自体の香りはあんまりしないんですね。でも、そこが逆に信用できる。香りで誤魔化するわけじゃなくて本来の清潔さを保つ、みたいな。 さくら:私、セックスの前にシャワーを浴びると画一的なニオイになりそうでイヤだな~って思ってたんですけど、これなら自分のニオイの底上げができそう。 ――全身にも使えるから、かなさんの加齢臭もこれで解決できるかもしれませんね。ニオイだけじゃなく、黒ずみの元も洗い流せるんですよ。 かな:加齢臭って言わないで! でも、ニオイだけじゃなく黒ずみのケアもできるなら、明るい部屋でのクンニにも自信がもてるかも

美味しいアソコで 彼の舌攻めが止まらない!?>>>

罫線

胸の谷間の香水にそそられる

まこと:ただ、私の場合はセックスレスで、そもそも旦那がソノ気になってくれないことには…… ――男性の本能を一番刺激するのは「嗅覚」だと言われてるみたいですよ。 森林:たしかに、女性の香水の香りに男はグッときますね。それも、ドキッとするような場所につけていたら。 胸の谷間の香水にそそられるさくら:え、例えばどこですか? 私はセックスの前だと耳の裏につけるのが定番なんですけど。 森林:僕が個人的にグっときたのが、胸の谷間に香水をつけてた女性。ブラジャーを取った瞬間にフワッと香って、すごくムラッときたんだよね。 かな:わ~! その手使えますね。メモメモ。 ――このベッド専用香水「リビドー ロゼ」はフェロモンを意識した香り成分が配合されていて、オスのスイッチをオンする香りと言われてるらしいですよ(笑)。 リビドー ロゼをつけるまことさんまこと:え~! あ、甘い香りがする……男性ってこういう香りが好きなんだぁ。今週末にでも旦那に仕掛けてみます(笑)。

「いい香り…」淡白な彼が 獣に豹変!?>>>

罫線

男性の性欲がなくなっている!?

座談会は後半戦へ森林:ほかに何か悩んでることってある? かな:もう率直に、切実な悩みなんですけど、私なかなかイケないんですよ。外イキはできるんですけど、中ではイケなくて。それでも、セックスは好きなので毎日でもしたいんです。 森林:そんなに好きなのに、あんまり開発できてないんだ。 かな:ぶっちゃけ、相手がセフレなんで会えて月イチなんですよ。回数が極端に少ない。 まこと:そんなこと言ったら、私なんて結婚する前からセックスレスですよ。付き合い始めてから、まったくしなくなっちゃって。 セックスレスで悩むまことさん森林:それ、旦那さん浮気してない!? 年は幾つなの? 朝勃ちとかしてるんだったら、その可能性ありますよ。 まこと:33歳なんですけど、毎朝ソーっとパジャマを開けてチェックはしてる(笑)。でも、ぜんぜん朝勃ちの気配はない。 森林:旦那さん、ひとりHをしてる様子は? まこと:最近「ひとりHしてる?」って聞いてみたんですけど、2カ月くらいしてないみたい。セックスの話はもはやタブーになってて、子ども欲しいけど作れない状態ですね。 さくら:それ、仕事が忙しい人ならあり得るよね。私の彼氏もこの前「忙しすぎてセックスする気が起きない」ってツイッターで呟いてました(笑)。付き合いたての頃は週3回はしてたのに、今じゃ2週間に1回を義務感でしてる感じ。 罫線

ひとりHはスキンケアと一緒

森林:でも、セックスはし続けないと確実に感度が衰えていきますよ。もしパートナーとできない状態なら、ひとりHすることで維持できるけど、みんな、ひとりでしてる? さくら:してますね。寝付けない時にすると安眠できるし、エステ感覚。眠る前のスキンケアと一緒。 ――ひとりHする時って皆さんバイブとか使いますか? これは「マリンビーンズ」といって、Gスポットと膣の奥、そしてクリトリスを同時に攻めて感度を磨けるバイブなんですよ。 マリンビーンズの柔らかさに驚くかなさんかな:えっ、すごく柔らかい! しかもバイブ部分がかなり曲がるし……デザインも可愛いです。 まこと:昔、ド〇キで見たビカビカでゴテゴテなバイブとはぜんぜん違いますね。爽やか(笑)! さくら:これ、クリバイブの先が二股になっててクリを挟めるようになってる! 快感を逃がさないって感じ。 クリバイブの先が二股に森林:バイブは感度磨きをしたい女性にはすごくオススメ。コツは、刺激の強さをリアルに近いものにすること。そうれば、セックスでも感じやすくなりますよ。

初めて中イキが わかった!>>>

罫線

女性器だって保湿が重要!

かな:これ使ったら、私も中イキできるかも。ただ……実は私、性交痛があるんですよ。もしかしたら濡れにくいのかなって。 森林:ローションは使わないの? かな:セックスの最中にローションを取り出されると急激に冷めちゃうんですよね。 セックスの最中にローションを取り出されると冷めるさくら:乾きやすいっていうのは、私も同じ。1回イっちゃうとなかなか濡れなくて、いざ挿入するときにはカラッカラだったり。 森林:女性にとって、顔だけじゃなくて女性器の保湿もすごく重要なんですよ。乾燥していると皮が引きつって裂けやすくなるし、性交痛の原因にもなるから、AVの現場でも女優さんたちは馬油でしっかり保湿してる。アソコが小さかったり潤い不足で痛みを感じる女性は、保湿で解決できる部分は大きいと思う。 ――馬油ですか、ワイルドですね。女性のアソコの潤いをサポートするための専用コスメもあるんですよ。この「ラブコスメ リュイール ホット」は、敏感なところに塗ってマッサージすると、自然と中から潤って、ジンジン感じてやばいらしいですよ(笑)。 ラブコスメ リュイールを手に塗るさくらさんさくら:見た目も可愛いコスメだし。ポーチに入ってても自然ですよね。これはセックスの時に心強いなぁ~。 かな:うん、これくらいのサイズなら、ローションのドーンとしたパッケージと違って引かずに使えそう。 まこと:手に塗って揉んでみたら、ジンジン熱くなって火照っていく感じ。これをアソコに塗るなんて、ちょっと想像しただけで……。

こんなに濡れたの 初めて…>>>

かな:私、「マリンビーンズ」と「ラブコスメ リュイール ホット」の二段構えで、イキづらい悩みを解消して中イキしてみたいと思います! ――こういったラブコスメやラブグッズを使う女性って、男性から見て正直どうなんですか? 森林:ラブコスメやラブグッズを使っていることを知られたくない女性は多いかもしれないけど、性に前向きな女性を嫌いな男はいないし、むしろ、うれしいと思う。 今日の座談会で改めて思ったけど、性にまつわる悩みって男より女性の方が多様で複雑なんだよね。こういうラブコスメを使うことをきっかけに、みんながもっと自分に自信を持って、心のパンツを脱いでセックスを楽しんでくれたらいいなって思います。  この後も、森林さんを囲んで楽しい恋バナや過激な暴露話で宅飲みは大いに盛り上がりました! 大いに盛り上がった座談会

アソコのニオイと黒ずみケアには 「ジャムウ・ハーバルソープ」>>>

その気にさせたいなら 「リビドー ロゼ」>>>

感度を磨いて中イキするなら 「マリンビーンズ」>>>

アソコの潤いケアには 「ラブコスメ リュイール ホット」>>>

罫線「LCラブコスメ」は女性が運営しているセクシャルヘルスケアの専門ブランドで、オンラインストアには女性ならではの恋やカラダのお悩みを解決してくれるアイテムが揃っています。梱包の際に商品名を記さないので誰にも知られず購入でき、コンビニでも受け取ることもできるので便利ですよ。 【関連記事】 ●「今までは何だったの?」マンネリ中の彼とのセックスが急に気持ちよくなる秘密の方法 ●「ココ美味しいよ…」H中、彼の舌が止まらなくなる秘密の方法とは? ●女性の95%が経験済み!「ひとりエッチ」で感じやすいカラダになる ●「中イキ」vs「外イキ」自由自在にオーガズムを感じる方法3つ <TEXT/もちづき千代子 PHOTO/林紘輝>
もちづき千代子
フリーライター。日大芸術学部放送学科卒業後、映像エディター・メーカー広報・WEBサイト編集長を経て、2015年よりフリーライターとして活動を開始。度を超したぽっちゃり体型がチャームポイント。




あなたにおすすめ