男のこの言動はアリかナシか? 【男VS女の本音バトル】<後編>

女の本音 男性と会っていて、「その行動の意味がわからない!」と思うことがありますよね。女性から見ると「ケンカ売ってんのか?」ということでも、男性側はよかれと思ってやっていたりして……。そこで本日は、裁判形式で、お互いの本音をぶつけあってみました。被告はA男、裁判員は3人の女性。なぜかモテないA男の言動(罪状1~7)は、どういうジャッジをくだされるでしょうか。

<被告>

A男:イケメン高身長・そこそこの収入で、「自分はイケてるぜ!」と自負しているが、実際は一切モテずに苦悩するライター(32歳)

被告弁護人:男の言い分を援護する役。本業はライター(男)

<裁判員>

B子:清楚系イベコン(22歳)。非モテ男の所作に一定の理解を示す女子
C子:ギャル系キャバ嬢(23歳)。リアルだめんず・うぉ~か~を自称
D子:毒舌系OL(21歳)。彼氏の前でのみしおらしくなる二面性を持つ

←前編 http://joshi-spa.jp/7978

安い寿司屋でウニやトロを食べようとする女のコに「こういう店では、ウニやトロなんか食べるもんじゃない」と、注文の仕方をレクチャーしてしまった



C子:ウンチク垂れられたうえ、食べるものを制限されるなんて最低。

D子:ケチってて、高いお皿は食べるなって牽制だとしか思えない。

A男:いえ、あくまで親切心!

弁護人:女性の胃袋は小さいので、まずいものでお腹いっぱいになってはかわいそうだと考え、優しさでアドバイスしたんですよ。

B子:押しつけがましい~。そんな優しさ絶対気づけない。

裁判長:優しさの押し売りでしかない。これは間違いなく有罪です。では続いて5番目の罪状。

お気に入りのお店に連れて行くと、「おいしかった? おいしかった?いい店だったでしょ?」と何度もどや顔で聞いてしまう



B子:無邪気な感じならいいけど、どや顔で聞かれたら引くね。

A男:感想を言い合うことでお互いの価値観を知り、より深く知り合いたいと思っただけですよ。

C子:でも、どや顔で聞いてこられたら「おいしかったね」としか言えないよ? もはや半強制。

裁判長:価値観を強要するのは重罪です。では次に6番目の罪状。

前彼女と別れた理由を聞かれると、100%相手が悪いような言い方をする



D子:もし自分が付き合っても、別れた後にボロクソ言われそう。これってすごく切ないよね。

A男:元カノにはもう未練がないというアピールじゃないですか。

C子:もし元カノの浮気が原因だったとしても、「俺が寂しい思いをさせちゃったのも悪いんだけどな」ぐらい言ったほうが好感度高い。

裁判長:男と女の間で、どちらか一方だけが100%悪いなんてこと、ほとんどないですからね。では最後の7番目の罪状について。

飲みの席やデートで「(セックスが)早い」「(アソコが)小さい」などとカミングアウト



C子:これは予防線だよね。エッチのとき、指摘される前に自分から言っておこうってことでしょ。

A男:コンプレックスを自虐ギャグにまで高めることに成功した“器の大きい男”をアピールしているだけです!

D子:リアクションに困るよ。

B子:「早いとか大きいとかは重要なことじゃないよ♪」って言ってもらいたいだけでしょ(笑)。

弁護人:いえ、“小さいって気づいてないの?”などと女性にいらぬ気遣いをさせぬよう、被告人は事前に宣言しているだけです。“客観性のある俺”をアピールしたい!

C子:でも私なら、ヤッてもいいかなって思ってた相手でも、その話聞いた瞬間、ヤル気がうせそう。

A男:いや、だからそれは!

裁判長:静粛に! 自身の心の保身のため、下ネタ発言をするなど言語道断! ではすべての罪状を振り返ってみて、どうでしょう?

D子:被告人は女性に気を使いすぎて、墓穴を掘っていますよね。

A男:しかし、気遣いのできない男はモテないですよね。女性たちの主張は矛盾ばかりです!

C子:気遣いっていうのは加減が大事で、うまく程よく気を使える人がモテるんだと思う。

B子:でも被告人の話を聞いて、そこまで気遣ってくれてたことに、感謝の気持ちも芽生えてきました。

裁判長:では判決を言い渡します。過剰な気遣いは罪ですが、気遣うこと自体は悪いことでない。そこで……“一部無罪”とします!

 概ね敗訴ながら、女性を気遣う姿勢が評価され、“一部勝訴”をもぎ取ったA男さん。男性の残念な行動も、意外と女性を気遣ってのもの……かもしれません。

<TEXT/江沢洋 昌谷大介 相馬由子 渡辺恵理 友部綾子(本誌) アンケート協力/メディアパーク>
― サーッと心が冷える「男性に幻滅した瞬間」108景【女性100人調査】【9】 ―




あなたにおすすめ