Entertainment

祝・岡田准一結婚!でもファンの気持ちは“花嫁のパパ”

ジャニヲタ歴20年・みきーるのJ-ウォッチ

 V6の岡田准一さんがご結婚されました。誠におめでたいことと存じます。

 しかしながら、今回私は“花嫁のパパ”のような気持ちとなり、そんな自分をちょっとおもしろく思ってしまいました。

岡田准一結婚 どうやらヲタの中には、私と似たような思いを抱いた方も少なくないようです。

祝・岡田准一さんご結婚!でもヲタの気持ちは“花嫁のパパ”



“花嫁のパパ”といっても、宮崎あおいさんや岡田さんをわが子のように見ているわけではありません。

“いつか来ると予感していた日”をいよいよ迎え、器用に受け止められない気持ちを「花嫁のパパっぽいなぁ」と思ったのです。

 岡田さんの交際についてはたびたび報じられていましたし、そのうちそういうことになるんだろうと心づもりもしていました。けれど今回、クリスマスイブに届くはずの結婚報告がハプニングで早く届いてしまい、列島を衝撃が駆けることに……!

 クリスマスにご結婚……。

 こうなると、先日の「めざせ!世界一のクリスマスツリープロジェクト 岡田准一初のLINE LIVE」も、「クリスマスに何かぶっ込んでいくぜ!」という伏線だったような気がしてきます。

ファンクラブからの「開けられない手紙」



 はたして、12月24日。

 私の元にも、ジャニーズファミリークラブ(V6ファンクラブ)から、紅茶色のうやうやしい封筒が届きました。けれど、まだ開けられておりません。

 V6の名曲に「出せない手紙」というのがありますが、岡田さんの結婚報告も、今のところ熱すぎて私にはまだ「開けられない手紙」なのです。

 なんだろう、剛速球が来ると覚悟してミットを構えてみたものの、思ったよりさらに速くて受けたとたん吹っ飛んで起きられない、みたいな?

 ファンクラブ会員の元に折り目正しくやってきた“手紙”は、「お嬢さんと結婚します」と告げに来た誠実な新郎のよう。しかし私は、それ以外ないと知りながら「いや、いやいや」とかいって逃げ回るダメなパパのようなのです。

……といった話をヲタ友にすると、「わかる!」「自担も30代だし、いつ“手紙”が来ちゃうかヒヤヒヤしてる」「丁寧だとは思うけど、形に残るものじゃなくていい」「メールがいいな」「公式サイトにサラッと書いてほしかった」「いや、これがベストだよ」など、さまざまな意見が飛び出しました。

 折しも、岡田さんのご結婚を皮切りに、トレンディエンジェルの斎藤司さん、前園真聖さんらが相次いでご結婚を発表。よもや、これに他のジャニーズが続くことはなさそうですが、今年もまだ数日残っているので、ちょっとドキドキしています。

 なーんて!

 何はともあれ、大好きなジャニーズのみなさまには、年末年始にも多くの幸せがあるように、心からお祈りしております。

<TEXT/みきーる ILLUSTRATION/二平瑞樹>
⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【みきーる】みきーる著書に『ジャニ活を100倍楽しむ本!』『「戦力外女子」の生きる道』他。Twitterアカウント:@mikiru公式ブログ『ジャニヲタ刑事!』

あなたにおすすめ