Gourmet
Love

【春のモテ料理】米麹と「桜めん」で誰でも料理上手な女に

 日々忙しい女性にとって、毎日しっかり手料理なんて絶対に無理。まして独身ひとり暮らしや自宅通いの女性が、自分だけのために料理なんてすっごく面倒ですよね。しかし、もし意中の男性があなたの料理を食べたがったら……。さあ大変!日頃あまり料理をしない女性も、簡単に料理上手な女に変身できるちょっとした工夫や、お取り寄せ調味料や食材を紹介しましょう。

塩麹の上をゆく「白神ささら印」がスゴい

 本日の武器はコチラ。 ●白神手づくり工房「白神ささら印」 http://www.shirakami-sasara.co.jp/index.html 秋田県白神山地で採取されたスーパー乳酸菌とあきたこまちの米麹を合わせた調味料。焼鳥屋が肉を漬け込む際に使ったり、有名ケーキ屋がチーズケーキに入れたりと、隠れた優れもの。ブームの塩麹と違い、塩分が入っていないので誰でも簡単に使えるのが魅力。鶏肉がふっくらジューシーに大変身。 ●三輪そうめん山本の「桜めん」 http://www.miwa-somen.jp/ 美味しい三輪素麺に桜葉を練り込んだ春限定の品。ほんのり淡いピンク色が恋の到来を予感させます。山菜や旬魚を扱うのは面倒だけれど、これは簡単茹でるだけ! 器用な女を演出できちゃいます。

【レシピ】精力アップ「本格ジューシー唐揚げと桜香る彩り麺」

メニュー(1)「本格ジューシーから揚げ」 所要時間30分(漬け込み時間除く) 【材料:2人分】 鶏もも肉 600グラム 味付け調味料 ・白神ささら印 大さじ2 ・ニンニクすりおろし 小さじ1/2 ・ショウガすりおろし 小さじ1/2 ・鶏ガラスープの素 小さじ1 ・しょうゆ 大さじ1 ・塩 小さじ1/2 ・コショウ 少々 ・タマゴ 1個 片栗粉 大さじ6 揚げ油 適量 レモン 適宜 【作り方】 1.材料準備 鶏肉はキッチンペーパーで水分を取り、一口大に切りボウルに入れる。味付け調味料をすべて入れ、手で良く揉み込み、1時間くらい置いておく。忙しい時はすぐに揚げてしまっても充分美味しい。 2.揚げる 揚げ物用の鍋に油を入れ、170度に熱する。ボウルに片栗粉を投入、しっかり混ぜたら、鶏肉を何回かに分けて入れていく。弱めの中火で5分揚げる。衣が綺麗に色付いてくるのが目安。油をしっかりきってバットにあげる。中まで火が通っているか不安な場合は、一つ取り出して包丁で切ってチェックすると良い。くし切りにしたレモンを添えて盛り付ければ完成。 メニュー(2)「桜香る彩り麺」 所要時間30分 【材料:2人分】 桜めん 4束 錦糸卵 タマゴ1個分 うなぎ蒲焼き 1/2匹 みつば 適宜 薬味(ネギ、ミョウガ、シソなど) 適宜 わさび 適宜 山椒 適宜 めんつゆ 適量 【作り方】 1.材料準備 錦糸卵をフライパンで作る。面倒な場合は市販品でも可。みつばは洗って葉をちぎっておく。うなぎ蒲焼はトースターで温める。薬味も切っておく。 2.茹でる 桜めんを表示通りにゆでる。ザルにあげて湯を切り、素早く流水でもみ洗いし、ザルにあげてしっかり水を切る。 3.仕上げ 大皿にそうめんを食べやすい量に小分けしながら並べる。その上に錦糸卵、うなぎ、みつばを添えれば完成。薬味を添えて、めんつゆでいただく。わさびや山椒はお好みで。 <男を虜にするオキテ> 1.王道の肉料理をたっぷり作る。 野菜まみれのヘルシー料理は、女子受け止まり。絶対に喜ばれない。 2.亜鉛で精力アップを狙え。 「亜鉛は性のミネラル」と心得よ。うなぎで手軽に亜鉛を摂取せよ <TEXT , RECIPE, PHOTO/料理研究家・スギ アカツキ> 【スギ アカツキ】 料理研究家。東京大学大学大学院医学系研究科にて基礎医学(人体における生体メカニズム、栄養学、発酵学等)を学ぶ。さらに久司マクロビオティックやオーガニックを学び、独自で長寿美容食を研究。自身もサラリーマンで、ヨガ教室や人気ブログ(http://saqai.com/)も手がけている。
スギアカツキ
食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。著書『やせるパスタ31皿』(日本実業出版社)が11月15日に発売。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@sugiakatsuki12




あなたにおすすめ