Gourmet
Beauty

管理栄養士が食べてるおやつ&カロリー帳尻あわせテク

 食べ物の栄養やカロリー、ダイエットをするなら気になる糖質量のことも詳しく知っている管理栄養士。そんな彼女たちは、一体どんなおやつを食べているのでしょうか?

管理栄養士が食べてるおやつって? 管理栄養士110人に行われた「おやつの食べ方」に関するアンケート結果から、おやつを食べるベストタイミングやおすすめのおやつ、さらにおやつを食べ過ぎたときのカロリーの帳尻あわせ法についても探ってみました。

おやつを食べる時間帯は「午後」



「おやつを日常的に食べていますか?」という質問を投げかけたところ、「ほぼ毎日食べる」は40.9%、「毎日ではないが時々食べる」が55.5%と、96.4%もの人がおやつを食べていることが判明。

 おやつを食べる時間については、朝食前後、午前、昼食前後も多いものの、大多数が食べていたのは「午後」の時間でした。仕事をしている人は特に夕食をとる時間が遅くなる傾向にあり、昼食から夕食の間が長くあいてしまうもの。おなかがすいて夕食にドカ食いをしては体重増加しやすくなるため、午後におやつを摂ることはダイエットや健康の面でも優れているのでしょう。

おやつを食べる時間帯

「おやつを食べるとしたら、いつ食べることが多いですか?」(複数回答)

ダイエット中におすすめのおやつBEST5



 管理栄養士が「ダイエット中でもおすすめ」と太鼓判を押す5大メニューが、ゼリー、フルーツ、ナッツ、乾物(スルメや昆布など)、ヨーグルトでした。カロリーは控えめで、ダイエット中に不足しがちな栄養もしっかり摂れるものが多くランクイン。

スルメ スルメや昆布などよく噛んで食べるものは、少量でも満足感が得られやすいと高評価だったようです。

次のページ 
管理栄養士のカロリー帳尻あわせテク

1
2




あなたにおすすめ