Lifestyle

女性→男性のセクハラにも要注意「酔った女性上司にボディタッチされて…」

 セクハラとは、相手を不快にさせるような性的な行動や言動をいいますが、意外と身落されがちなのが女性から男性に対する“逆セクハラ”です。

「セクハラといえば、男性が女性にするものでしょう」と思っていると、気が付かないうちにあなたも加害者になってしまうかも知れません……!

注意したはずが逆効果…代理店ウーマン



 都内在住、広告代理店に勤務する峰涼香さん(仮名・36歳)も、自分では気づかないうちにセクハラの加害者になってしまった一人です。

セクハラ「部下の男性社員とのコミュニケーションで、ふざけて『あんた男のくせに〇〇もできないの?』とからかったり、仕事のミスを見つけるたび半分冗談で『こんなことだからプライベートでもどんくさいんでしょ?』、『脇が甘いから彼女とも上手くいかないんだよ』とツッコんだりしてたんですが、それがNGだったなんて……。

 ある日、上司から『〇〇くんが相当気を病んでるみたいだから発言に気を付けて』って遠まわしにセクハラ発言だと注意されて、はじめてそこで気が付きました」

「男性=タフだから、ある程度、何を言っても許される」という考えは要注意。最近では「女性の上司からのセクハラに悩まされている」という20代の男性も増えているようです。

良かれと思ってごちそうしたのに…



 また、悲しいかな、女性上司からの誘いがセクハラ認定されてしまうことも。

セクハラ「男性だったら、女性よりも接待や飲み会でお酒の交流がどうしても必要になるじゃないですか。だから、新人くんに『飲みニケーションもビジネスマンとしての必須条件!』といって教育がてら飲みに誘ったり、休日出勤のときには良かれと思ってご飯をごちそうしていたんです。2人きりが多かったけど、別にとくに意図はなく。

 でも、何度か断られるようになって、新人くんも病欠が続いたとき、同期の男性社員から『そろそろ手加減してやってくれないか?』って言われて……」(34歳・女性 金融系)

 何でもこの新人は、女性の上司から「何度断っても、しつこくデートに誘われる」と、男性社員に相談していたとか。

次のページ 
「酔った上司に体中まさぐられ…」相次ぐ被害報告

1
2




あなたにおすすめ