Love

35歳・銀行マンのヘンな婚活基準「長女は-2点、高学歴は-2点」と減点

 家族環境や生活面など、相手のことをいろいろ吟味したうえで結婚相手としてふさわしいかどうかを考えるのは男女とも同じです。

 みなさん自分なりの基準があると思いますが、婚活4年目の山下智行さん(35歳・銀行員/仮名)は、お見合いパーティなどで知り合った女性を数値化。独自の方法で女性を採点し、結婚相手になりうるかを判断しているといいます。

婚活男性持ち点は20点。私が結婚生活において支障をきたすきっかけになりそうだと感じたものをマイナス要因として減点します。合格ラインは15点以上で、12~14点は補欠合格。11点以下は不合格です」

独自基準で一人っ子女性は5点マイナス



 そもそも相手を採点するという時点で失礼な話ですが、本人は「すごく合理的」と意に介しません。

「採点していることも点数も女性には伝えておらず、傷つけているわけではありません。それにお見合いパーティのような場では、客観的に相手を判断できる指標があったほうが便利じゃないですか。

 ほかの方だって数値化していないだけで、いろいろな条件と照らし合わせて優劣を付けているはず。僕がやっていることはそれと何ら変わりありませんよ」

 そんな山下さんの採点基準ですが、まず家族構成において減点となるのは、一人っ子(-5点)男兄弟なしの長女(-2点)男兄弟なしの次女以下(-1点)と一人っ子や姉妹のみの場合をマイナス要因にしています。

介護リスク「これは介護リスクを表したものです。相手女性が一人っ子の場合、ご両親に何かあれば面倒を見なければいけません。男兄弟がいれば、誰かが夫婦で同居するなど世話をしてくれる可能性が高いですが、姉妹のみだと別居でも分担して世話をするなど一定の介護リスクが生じるケースがあるからです」

高学歴女性、資産家の娘も大きく減点



 また、相手の学歴も重要視しており、大学院卒(-3点)難関大以上の大卒(-2点)高校中退歴あり(-2点)と設定。

「単にプライドが高いだけというのは否定しません。でも、自分より学歴が上の相手との結婚は避けたいんです。できれば自分の出身校である地方国立大より下の大学ですね。もちろん、大卒にはこだわっておらず、短大や専門学校卒、高卒でも構いません。

 ただし、高校中退歴のある人は逃げグセがあったり、メンタル的に弱そうなのでネガティブに判断させてもらっています。まあ、結婚紹介所のプロフィールにも中退歴は伏せる人が多いので、実際確認したことはほとんどないですけどね」

資産家の両親 それ以外にもマイナス要素として、実家が資産家(-3点)実家が自営業or商売をやっている(-2点)親と同居(-1点)地方出身(-1点)などを挙げています。

「ウチの父親はごく普通のサラリーマンで、女性の実家が資産家だと自分の立場が弱くなるかもしれませんから。自営業や商売に関しても銀行員としての経験上、経営難に陥ると家族が金銭的支援をするケースが多いことを知っているので。

 同居は親に甘えて家事能力の低い可能性があること、地方出身は単純に田舎があまり好きでなく、帰省のたびに遠出するのが面倒だからです」

次のページ 
過去に合格した2名の女性とはどうなった?

1
2




あなたにおすすめ