Lifestyle

共働きなのになんで…?家事の分担度、日本は世界5カ国でワースト

 イクメンは増えつつあるけれど、日本では共働きの夫婦であっても「家事は女性がやるもの」と考えがまだまだ根強いようです。

 株式会社リンナイが、日本、韓国、アメリカ、ドイツ、デンマークの5カ国の共働き男女(30~40代)に対し、家事分担に関する意識調査を実施。それによると、先の5カ国のうち、日本は家事の分担度が世界で一番低いという結果になってしまいました。

家事をする女性

日本の共働き夫婦の約半数は家事分担していない



「あなたは配偶者と家事を分担していますか?」という質問に「はい」と答えた人の5カ国の平均は、79.4%。国別に見てみると、最も低かったのは日本の56.0%。次にドイツの77.0%、デンマークの84.0%、韓国の87.0%と続き、最も多かったのはアメリカの93.0%でした。

 日本では共働き夫婦の半分程度しか家事分担がされていない、という悲しい結果が浮き彫りになりました。他の4カ国と比べても、50%台しか家事分担している人がいないということは、かなり少ない傾向にあることがわかります。

日本は男女で家事協力度に差が最も大きい



 さらに配偶者の家事に対する協力度を100点満点で評価してもらい、男女間でどのくらい点数に差がつくか調査。すると、家事分担率が最も高かったアメリカでは男女差はわずか2.06点で、日本以外の他の3カ国でも14.1~20.4点の差にとどまりましたが、ここでも日本は24.06点と最も悪い結果になってしまいました。

あなたの配偶者(パートナー)の家事に対する協力度は、100点満点で評価するとしたら何点ですか?

あなたの配偶者(パートナー)の家事に対する協力度は、100点満点で評価するとしたら何点ですか? (単一回答 N=500)


次のページ 
配偶者が好きな人ほど、家事分担する

1
2
あなたにおすすめ