Entertainment

宮沢りえの“どん底”からの復活を支えた超大物たち

恋愛でも「りえママ」から自立

 母親からの自立は、女優としてのスタンスだけではなかったようです。恋愛の相手もこれまでとガラリと変わったのです。 「’09年にハワイ在住のプロサーファーと付き合っていることを知ったりえママが、当時滞在していたパリから急きょ帰国して、交際に反対しました。  ところがりえちゃんは母親に反発するかのように交際を続け、デキ婚に至ったのです」(芸能リポーター・川内さん)  そのりえママは2014年に逝去。2016年に離婚してシングルマザーとなった宮沢は、その後、古田新太など舞台を中心に活躍する演劇人たちと交際の噂が出ました。でもこれは演技派女優として、当然の流れだったと川内さんは指摘します。 「お酒が強いりえちゃんは、稽古や芝居が終わると、朝まで飲みながら彼らと演劇論を語り尽していたそうです。りえママから解放され、自由で楽しい時だったことでしょう」(同)  その意味では、舞台での共演をきっかけに、森田剛と交際・結婚したのは自然ななりゆきかも。  宮沢りえの波乱に満ちた半生は、普通の女性にも多くのことを教えてくれそうです。 <TEXT/夏目かをる 女子SPA!編集部>
夏目かをる
コラムニスト、作家。2万人のワーキングウーマン取材をもとに恋愛&婚活&結婚をテーマに執筆。難病克服後に医療ライターとしても活動。ブログ「恋するブログ☆~恋、のような気分で♪
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ