Entertainment

冬ドラマ 名作ベスト3!深田恭子が号泣の『隣の家族は青く見える』が2位

第1位は志尊淳の演技が光ったあのドラマ!

「女子的生活」NHK

「女子的生活」NHK公式サイトより http://www.nhk.or.jp/drama10/joshiteki/

 そして第1位は『女子的生活』(NHK総合)。この作品に関しては、志尊淳の演技に尽きると言っても良いでしょう。  トランスジェンダーのレズビアン(男性だが外見は女性で、恋愛対象は女性)として複雑さを抱えながらも前を向いて生きる主人公・みきを、違和感なく見事に演じ切りました。  最終回、髪を短く切り、鏡に映った自分に舌を出すシーンには、まだまだ変わらない世間の偏見や他人の視線に傷つきながらも、しなやかに立ち向かう彼女の生き方が象徴されていて、とても印象的でした。しかしながら、返す返すも全4回は短すぎました。せめてもう1話見たかったです。  ちなみに、今クールの平均視聴率ベスト3は、1位から松本潤主演『99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ』(TBS系)、木村拓哉主演『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)、石原さとみ主演『アンナチュラル』(TBS)の順となっています。  大人から子供まで誰が見ても楽しめるエンタメ王道ドラマもいいですが、マイノリティー(少数派)の声をすくい上げ、問題を投げかけることができるのもテレビドラマの魅力であり、作り手としては腕の見せどころではないでしょうか。というわけで、4月クールも楽しみにしております! <TEXT/中村裕一( Twitter:@Yuichitter)> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ