Entertainment

豊胸手術を受けた、元Aカップ女優「10年たった今の気持ち」

 女優のアンナ・ファリス(41)が「豊胸手術を受けて最高な気分だった」と告白した。  10年前、最初の夫であるベン・インドラとの離婚後に豊胸手術を受けたアンナは、今の自分に自信を持てているとし、その決断を全く後悔していないと語った。
アンナ・ファリス

アンナ・ファリス

私はいつもAカップ未満だったの。30歳になった時、(最初の夫と)離婚調停中で、映画『キューティ・バニー』はクランクアップしたけど、他の映画契約も決まったり、色々と新しいことが起こり始めた。それで思い切って豊胸手術しちゃったの。最高な気分だったわ。自分がそんなことするなんて全然思ってもみなかったから」  昨年、二番目の夫クリス・プラットとの破局を発表し、世間に衝撃を与えたアンナ。プラットとの間にできた5歳の息子ジャック君のママでもある。そんなアンナが今回、ウィメンズヘルス誌のインタビューで豊胸手術について思いを語った。  自分の体にメスを入れることは「自分の性への裏切り」であると思っていたため、手術の際とても緊張したというアンナ。だが、10年たった今の結果に満足しているようだ。 「整形手術は男に媚びるものだってずっと思っていたのよ。でも実際はとても簡単なことで、ただビキニを膨らませたってだけなの。どんな気分なのかなって。私は忠実なフェミニストだから、今でも手術したことを誇れないけれどね。手術することで、私は自分の性を裏切っているのかなって何度も考えたわ」  さらにアンナは、「もっとお互いに支えあえればいいなと思うわ。人は自分がやりたい事を何でもやれるべきだ思うの。歯科矯正したり髪をブリーチしたり、エクステつけたり、豊胸したり、性器とか鼻の整形もね」と続けた。

Anna Farisさん(@annafaris)がシェアした投稿

 そんなアンナは以前にも、一時的に唇をふっくらさせる注射をしていたことがあったが、友人から唇が大きくなりすぎていると指摘されたのでやめたと告白している。 「ある日友人たちが『ねぇアンナ、唇大きくなりすぎてるよ』って言われて、その時に注射を止めらざるを得なくなったの。今思うと注射をする決断をしたのは間違いだったわね」  以前、胸が大きすぎるという悩みを抱えていた女優のアリエル・ウィンターが、バストの縮小手術を受けたことが話題になった。悩みは正反対の2人だが、手術を受けたことを後悔するどころか、長年の問題が解決されて良かったと語っている。 「親からもらった体にメスをいれるなんて!」という考えもあってか、日本では整形手術に抵抗感を持つ人も多いかもしれない。ただ、体に切実な悩みを持っている人にとっては、整形手術は解決方法の1つということだろう。  さすがに、注射で唇が大きくなりすぎたというのはやり過ぎな気がするが…。 <TEXT/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ