Beauty

ジムにはインチキ・トレーナーも多い!資格と経験、チェックしてますか?

 フリーパーソナルトレーナーのヒラガコージです。
 数年前から、パーソナルトレーニングやスポーツジムへの関心が一気に高まっていますよね。街を見渡すと大小問わずたくさんのジムがオープンしています。

ジムでトレーニングする女性 そんな中、注意してもらいたいのがトレーナーのクオリティ(品質)です。

トレーニング先進国・米国と、日本の明らかな違い



 トレーニングやフィットネスといった健康産業が先進しているアメリカ。アメリカにはスポーツチーム専属だけでなく、フィットネスジムに立つ一般人向けのトレーナーも専門的な資格を持っています。それは「NATA-ATC」という資格。

 これはアメリカ医学会が認めた準医療従事者であることを証明するものです。NATA-ATCの資格を取得するためには、専門の教育委員会が公認する4年制大学または大学院のカリキュラムを卒業し、決められたインターンシップの時間数をクリアしたうえで、学校卒業後にある認定試験にも合格することが条件です。

 では日本はどうでしょうか。日本のトレーナー業界には日本スポーツ協会という公益財団法人が認定している資格が存在し、この資格が最大で最も権威のあるものと言われています。実際にプロスポーツチームやオリンピック選手などに帯同しているトレーナーが取得していることが多いです。

トレーナーとストレッチする女性 しかしながら、日本ではこの資格がトレーナーとして活動するうえで必須ではないため、民間団体が発行している資格や大手スポーツジムの社内資格だけしか取得していないパターンが多く、活動場所や形態によっては無資格でも問題はありません。

 仮に無資格のあなたが「今日からパーソナルトレーナーです!」と名乗ることだって不可能ではないのです。以前、そんな無資格のトレーナーの中に骨の名称もわからない人がいて驚いたことがありました。

 もちろん、民間資格でも、各団体で経験値のある人材に対し徹底した教育を行ったうえで、細かな分野の知識を問う試験を通過した者にのみ資格を発行しているため、歴史のある団体であれば優秀なトレーナーを輩出しています。ただ、無資格であったり、経験不足であったりしてもパーソナルトレーナーを名乗れる現状から、トレーナーのレベルに「ピンキリ」が生まれてしまうのも仕方ありません。

次のページ 
トレーナーを選ぶときには経験と資格をチェックすべし

1
2
あなたにおすすめ