Fashion
Lifestyle

露出高すぎ!お尻見せジーンズ、炎上するも売り切れ続出のナゾ

 ロンドンを拠点とするオンラインショップが「尻裂けジーンズ」なる珍品を発売、SNS上で「あり・なし」論争が勃発しています。

「ディストレスド・バムリップ・ハイウェステッド・スキニージーンズ」

「プリティ・リトル・シング Pretty Little Thing」公式サイトよりhttps://www.prettylittlething.us

ツイッター炎上でもソールドアウト状態の不思議


『ザ・インディペンデント The Independent 』によると、渦中のジーンズを発売したのはアパレルブランドの「プリティ・リトル・シング Pretty Little Thing」。

「ディストレスド・バムリップ・ハイウェステッド・スキニージーンズ」(34ドル≒3700円)という名称で発売されたこの商品は、前から見るとごく普通のスキニージーンズなのに、振り返るとお尻の部分に「バムリップ(大胆な裂け目)」が入っているという、変わり種のダメージジーンズ。

プリティ・リトル・シング Pretty Little Thing

「プリティ・リトル・シング Pretty Little Thing」公式サイトより https://www.prettylittlething.us

 商品の説明欄には「肌見せ可能な極細ジーンズ。普段使いにも、夜遊びにも使える」と書かれているのですが、お尻丸見せのこのスタイル、恥ずかしすぎるとSNSで炎上しています。

 ツイッターでは「みんな頭がおかしくなっちゃったの?」「あのジーンズは災害だわ」とジーンズの存在自体を否定する人が多数派。「座ったり立ったりするたびに裂け目が増えていくのでしょうね」と、半笑いで指摘する声もありました。

 その半面、ショップのサイトを見てみると、イギリスやアメリカだけでなくイタリアなどでも、サイズによっては売り切れる人気商品となっている様子。

「ミッド・ウォッシュ・デニム・ニッカー」

ミッド・ウォッシュ・デニム・ニッカー「プリティ・リトル・シング Pretty Little Thing」公式サイトより https://www.prettylittlething.us

 同ブランドが以前発売したデニム素材の見せ用Tバック「ミッド・ウォッシュ・デニム・ニッカー」より遥かにましだという意見も多く寄せられているため、もしかしたらみんな感覚が麻痺してきているのかもしれません。

ウェスト周りとポケットしかない斬新すぎるジーンズも!


 実は直前の5月上旬には、ロサンゼルスのデニムブランド「カーマー Carmar」が「エクストリーム・カット・アウト・ジーンズ」(168ドル≒1万8600円)という商品をリリースし、SNSで嘲笑の的になっていると米国版『ハフィントンポスト Huffington Post』が報じていました。

CARMAR Denimさん(@carmardenim)がシェアした投稿


 あるべきものが、「エクストリーム(極端)」にカットされてしまったこのジーンズはそこそこの価格にも関わらず、存在しているのはウェスト周りとポケット、あとは足首まである額縁のような布きれという斬新なデザイン。

 ブランドのオフィシャル・インスタグラムを見ると、ビーチで水着と合わせるためのジーンズのようですが、寄せられたコメントを見る限りこの商品に魅力を感じている人は少なそうです。

「#MeToo」や「Time’s Up」運動が盛り上がる一方で、露出度マックスのジーンズが話題になるミラクルワールド、欧米社会。

 以前、女優のエマ・ワトソン(28)は「服装とフェミニズムは関係ない」と発言していましたが、やはりここまで極端な露出は「どうかしている!」としか思えないのは私たちが日本人だからでしょうか?

エマ・ワトソン

エマ・ワトソン vanityfair公式Instagramより https://www.instagram.com/p/BREIp12gHjk/?taken-by=vanityfair

Source:
「The Independent」https://www.independent.co.uk/life-style/fashion/bum-rip-jeans-slit-thong-skinny-pretty-little-thing-twitter-a8349716.html
「Huffington Post」https://www.huffingtonpost.com/entry/extreme-cut-out-jeans-seams_us_5ae8ce81e4b00f70f0eccf26

<TEXT/アメリカ在住・橘エコ>
⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

橘エコ
アメリカ在住のアラフォー。 出版社勤務を経て、2004年に渡米。 ゴシップ情報やアメリカ現地の様子を定点観測してはその実情を発信中。




あなたにおすすめ