Gourmet

セブンの「サラダサーモン」が人気だけど高い…買う価値ある?

321円は高くない?もっと安くておいしいアイディアを考えた!

 まず私が気になったのは、「321円」というお値段。私がケチなのかもしれませんが、ちょっと高く感じませんか? 先にトッピングしたムール貝だって300円ですし、1人分換算すると本格生ハムだって買えてしまいます。  スーパーの魚売り場に行けば、チリ産アトランティックサーモンがどれほどの値段で、生の切り身がどれほどのものかもわかるでしょう。もしかすると、となりに並ぶ「ノルウェー産チルドサーモン」に心奪われるかもしれません。  そして一つ提案をさせていただきたい! 「手軽においしく」ということであれば、自作をしてみて欲しいのです。  たとえば、小鍋にカット野菜ミックス1袋を入れ、サーモン1切と酒を少々ふってフタをして中火で3分蒸し煮するだけ。そのまま1分蒸らしても、合計5分あれば完成する料理です。サーモンは下味付きでも良いですし、生であれば塩麹(しおこうじ)を塗るとおいしく仕上がります。 カット野菜とサーモンのふっくら蒸し ふっくら蒸し立てのフワフワサーモンは、風味も食感も格別。ちなみに値段としては、カット野菜が100円として、サーモンは1切100円台から探すことができるでしょう。  セブンのサラダサーモン、どうしても冷製の燻製にこだわりたい! という人にはマッチしている商品だとは思います。しかしながら、本当のおいしさ、手軽さ・手頃さについて深く考えるきっかけを与えてくれたような気がしています。 <TEXT,PHOTO/スギアカツキ> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】 【スギ アカツキ】 食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、独自で長寿食・健康食を研究し、各メディアで活躍中。@akatsukinohana
スギアカツキ
食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。著書『やせるパスタ31皿』(日本実業出版社)が発売中。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@sugiakatsuki12
1
2
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ