Lifestyle

ハイスペ彼氏が突然田舎でバイト生活に。“別れ”と“結婚”…彼女の決断は?

「正直、初めは彼のスペックに惹かれていました」。そう語る佐竹ひかるさん(仮名・24歳)は、山梨県出身。高校卒業後は上京して不動産会社に勤めていました。

同棲「同業同士のコンパで10歳年上の彼と知り合ったのは20歳の時でした。有名大卒で大手不動産会社の営業。このまま結婚できたらいいなと思い、彼の家で半同棲をしていたんです。

このまま結婚すれば安心と思っていたのに!


「転機が来たのは交際から1年後。彼には元々父親がいなかったのですが、お義母さまが突然脳こうそくで倒れて、仕事ができない状態になったんです。

 実家のローンもあるので、彼が出した答えは『実家に帰って母親の世話をしながら、残りの住宅ローンも払う』ということでした。私には『もし良ければ、しばらく遠距離恋愛を続けて結婚してほしい。でも無理なら別れてほしい』と言ってきました。

 突然のことなので答えがすぐに出せなかった私は、とりあえず遠距離恋愛として続けることにしたのです」

 こうして遠距離恋愛になったひかるさん。しかし……。

「彼の田舎は関西にある離島だったんです。さすがに東京まで通うわけには行かず、彼は会社をやめて地元で仕事を探すことになりました。とはいえ、離島ですぐにできる仕事なんて飲食店のホールスタッフぐらいしかないらしく、700万円近くあった年収は200万円ほどまで下がったそうです。

 周りの友人や私の両親には『もし彼と結婚したらお義母さんの面倒も見なきゃいけないんだから、今のうちに別れたほうがいいよ!』と猛反対されました……」

彼氏が突然田舎に それでも、月に2、3回はひかるさんに会うために東京に来てくれる彼のことを好きだという気持ちもあり、簡単に別れることはできなかったそうです。そんなひかるさんに心境の変化が訪れたのは、遠距離恋愛になって1年ほど経った頃でした。

次のページ 
ひかるさんの心境がガラリと変わった理由

1
2
あなたにおすすめ