News
Lifestyle

レイプ告発した女性を叩く“ネトウヨ姫”3人衆。「枕営業」とあざ笑う下劣さ

 米国・ハリウッドでのセクハラ告発から始まった#MeToo運動。その波は海を渡り日本にもやってきましたが、日本では女性たちが被害の声を上げるたびに「ハニートラップ」「枕営業の失敗」などと、被害者の側の粗探しをする声が目につきます。

 驚くべきは、一部の女性たちが同性である女性被害者に寄り添わず、積極的にその動きに加担しているということ。筆者が特に目に余ると感じた3人のトンデモぶりを振り返ってみたいと思います。

杉田水脈(衆議院議員・自民党)


なでしこ復活-女性政治家ができること

Amazonより

 まずは、自民党が誇るネトウヨ議員の一人・杉田水脈議員。2015年に当時TBSワシントン局長だった山口敬之さんからレイプされたとして告発したジャーナリストの伊藤詩織さんの事件をフィーチャーした、英・BBCによるドキュメンタリー番組「Japan’s Secret Shame(日本の秘められた恥)」(6月28日放送)の中、インタビューされた杉田議員は耳を疑うような言葉を放っています。

====

「(伊藤さんには)女として落ち度がある。男性の前でそれだけ(お酒を)飲んで、記憶をなくして」

「社会に出てきて女性として働いているのであれば、嫌な人からも声をかけられるし、それをきっちり断るのもスキルのうち」

「男性は悪くないと司法判断が下っているのにそれを疑うのは、日本の司法への侮辱だ」

「(伊藤さんが)嘘の主張をしたがために、山口氏とその家族に誹謗中傷や脅迫のメールや電話が殺到した」

「こういうのは男性のほうがひどい被害をこうむっているのではないかと思う」


====

 たしかに本件は刑事事件としては不起訴処分が下っています(現在、民事裁判で争われている)。ですが、「酔っている女性はレイプされても仕方がない」と言っているともとれる発言が一政治家、それも女性によってなされたことに対して、twitterでは、「同性への言葉とは思えない」「これはセカンドレイプ発言だ」「なぜ日本のメディアは沈黙しているのか」と驚きと怒りのコメントが溢れ、問題のドキュメンタリーの動画サイトも広く拡散されました。

 杉田議員は放送の2日後に自身のブログに次のように投稿。

「薬を飲まされて無理やり連れ込まれて強姦されたのであれば、私は『女として落ち度があった』とは全く思わないし、そんな犯罪者は本当に許せないと思います」(ブログより抜粋)

 伊藤さんは事件があった夜、山口さんと会食した飲食店から襲われた現場であるホテルまで移動した記憶がないことから、何らかの薬物を盛られたことを疑っていますが、山口さんはそれを否定しています。しかし、仮に薬が盛られていなかったとしても、同意を得ずに事に及んでいる時点で強姦なのです

 そんな杉田議員について、文筆家の古谷経衡さんは自著『女政治家の通信簿』の中で次のように斬っています。

「男性寡占社会の中に紅一点の女性が入り込み、彼らの自尊心をくすぐる事で歓心を買う『オタサーの姫』と相似形である」

はすみとしこ(漫画家)


 この人もまた、先のドキュメンタリーに登場。伊藤さんを揶揄した自作の“風刺画”を見せ、隣に座る杉田議員が爆笑するという映像がドキュメンタリー内で紹介されていました。放送後、彼女に対しても批判が殺到しています。


 絵のタッチを見て思い出した人もいるかもしれませんが、はすみさんは2015年にシリア難民を“偽装難民”と揶揄して「そうだ、難民しよう!」というコピーとともにイラストを発表し、世界中から批判された、あの人です。

そうだ難民しよう! はすみとしこの世界

Amazonのサンプル画像より

 その後も彼女は作画活動を続け、伊藤さんが話題になり始めるとあのようなイラストを描き、BBCの放送後、さらに倫理観を疑うような内容を投稿。あろうことか、レイプ被害に遭った女性と詩織さんが抱き合い泣いている場面の動画をキャプチャした画像に「枕営業失敗した時の詩織ちゃん?」というコメントを沿えてツイートしたのです。

 
 悪趣味が過ぎて、もう見ているだけで頭がクラクラしてきます……。

次のページ 
#MeTooの波を阻むトンデモな女たち、もう一人は?

1
2




あなたにおすすめ