Entertainment

美男子アートがブームの兆し?震えるほど美しい男たち

 美しい男を描いた絵というと、少女マンガなどのイラストが真っ先に思い浮かびます。それはそれでもちろん美しいのだけれど、「美男子アート」というジャンルが世の中にあるのをご存じでしょうか?

 日本画や油絵など、いわゆる美術大学で習うような本格的な絵で、美しい男たちが描かれているのです……! これがもう、震えるほど萌えます。

 銀座モダンアートという画廊で「美しい男展」という、名前の通り美しい男ばっかりの展覧会が2回も開催されるなど、認知度を増しています(3回目も同画廊で11月19日~24日に開催が決まったそう)。

 今回は、その「美しい男」を描くアーティストの中から、特に私の心を撃ち抜いた、甲秀樹さんと山下千里さんを紹介させてください。

写実的な画風に惹かれる 甲秀樹さんの美男子アート


 甲秀樹さんは、すごく写実的な画風が魅力です。ちょっと素朴で純粋そうな青年なのに、めちゃくちゃ妖艶なんです……ああ美しい!

化身(カーン)(2011)

「化身(カーン)」2011年(ケント紙、色鉛筆  470×240mm)

 甲さんは『甲秀樹 人体デッサン 男性ポーズ集 (TH ART SERIES)』などという本も出していて、かゆいところに手が届くかたなのです。これは絵師でも絵師じゃなくても欲しい……!(買いました)

『甲秀樹 人体デッサン 男性ポーズ集 (TH ART SERIES)』 甲 秀樹 (著)

『甲秀樹 人体デッサン 男性ポーズ集 (TH ART SERIES)』

 ご本人に「美しい男アート」の魅力について聞いてみました。

「平面、立体と『男性(人体)の美しさ』を感じさせる作品は多くありますが、それをどのように捉え、感じ取るか、それは皆さんそれぞれの思いによるところと思います。私は日々、自身にのみ表現できる作品、つまり、男性を写実的に描き、また造ることを通して丁寧に“男性の美しさ”を制作したいと考えています。

 作品の魅力あるいは、評価については、鑑賞される皆様に委ねられるところですが、結果的には、ただ自身の心を映す鏡として『作品』が生まれているように思うことがあります。自身の作品の『魅力』について語るのは大変難しいのですが、そのように感じています。私は『作品自体から感じられる情念があれば、それがアートにほかならない』と生徒に話しています。魅力とはそうしたことを指すのかもしれません」

甲秀樹さんとは】
少年や青年を中心とした絵画制作を始めて以来、個展の開催やグループ展に参加。人形作家としても注目され、リアリズムに徹した作品が好評を博している。近著に『甲秀樹 作品集 ~青い旋律』(2016年)がある。主宰する「甲秀樹 絵楽塾」は、男性モデルを活用して人体デッサンを学ぶ教室で、女性に人気。twitter:@kairakujuku

次のページ 
性別を超えた美しさ 日本画家の美男子アート

1
2
【甲秀樹さん情報】
・「甲秀樹 絵楽塾」では現在、第6期塾生募集中
・甲秀樹 作家20周年記念展/塾生作品展
 2018.10.27(土)~11.4(日)@六本木ストライプスペース

【山下千里さん情報】
●「ACTアート大賞展2018 優秀賞グループ展」
2018.7.31(火)~8.5(日)@アートコンプレックス・センター
●「銀座水族館」
2018.8.20(月)~8.25(土)@銀座モダンアート
●「KENZAN2018」
2018.9.12(水)~9.17(月)@東京芸術劇場
あなたにおすすめ