Entertainment

新ドラマ3選。綾瀬はるかに石原さとみも…この夏は人気女優×脚本家に大注目

 春ドラマ、おもしろかったですね。個人的には、ただ笑えるかと思ったら実は純愛だった『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)、どんでん返しのオンパレードの『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)あたりにハマっておりました。

コンフィデンスマンJP

「コンフィデンスマンJP」フジテレビ公式サイトより https://www.fujitv.co.jp/confidenceman_jp/

 あと、『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる』(NHK総合)も、学校問題がリアルに心に響いて見応えがありました。心を満たしてくれたドラマとの出会いに感謝。

 さて、この夏はどんなドラマに出会えるのでしょうか。今回はちょっとしぼりまして、絶対観るべき3つの作品を選んでみました。

綾瀬はるか×森下佳子の『義母と娘のブルース』


「義母と娘のブルース」

「義母と娘のブルース」TBS公式サイトよりhttp://www.tbs.co.jp/gibomusu_blues/

 まず、数々の女優ランキングで上位に位置する“国民的女優”・綾瀬はるかが主演を務める『義母と娘のブルース』(TBS系、7月10日火曜22時スタート)に注目。

 綾瀬はるかが演じるのは、子持ちの男性と結婚するバリバリのキャリアウーマン。慣れない家事をしながら、娘に母親と認めてもらうために奮闘し、親子としての絆を築いていくという王道ストーリーです。

 が、それを10年の歳月を通して描くというのだからちょっとした大河小説仕立て。10年も経てば幼かった娘も年頃に成長しますし、積み上げた時間が2人をどんな関係に導くのか。勝手に想像してすでに軽く泣いてます。

JIN -仁-

「JIN -仁- 完結編 第2期」 角川映画

 この物語を、去年の大河ドラマ『おんな城主 直虎』(NHK総合)で心をぐいぐい揺さぶってくれた脚本家・森下佳子が手掛けるというのだから、もう期待はMAX。今度はどんな手で私たちを揺さぶってくれるおつもりなのでしょう。

 なお、綾瀬はるか×森下佳子といえば、『世界の中心で、愛をさけぶ』、『白夜行』、『JIN-仁-』(いずれもTBS系)など、度々タッグを組んでヒットドラマを生んできた2人。だから、きっと今回もその胸にグッとくる世界観で魅了してくれるはず。ああ、楽しみ。

石原さとみ×野島伸司の『高嶺の花』


「高嶺の花」

「高嶺の花」日本テレビ公式サイトより https://www.ntv.co.jp/takanenohana/

『高嶺の花』(日本テレビ系、7月11日水曜スタート)も、人気女優と人気脚本家がタッグを組むドラマ。石原さとみが念願だったという野島伸司の脚本で主演を務めます。

 野島伸司といえば、往年の名ドラマ『高校教師』や『聖者の行進』(いずれもTBS系)などに代表されるスリリングなストーリー展開で意表を突く脚本家。今回描くのは、華道の名門の令嬢と自転車店店主の超・格差恋愛。優しく穏やかな純愛もいいけれど、野島伸司ですもの、怒涛のような激しい感情の嵐に振り回されたい!

金曜ドラマ『アンナチュラル』

『アンナチュラル』TBSテレド公式サイトより http://www.tbs.co.jp/unnatural2018/

 そして、今年1~3月に主演を務めた『アンナチュラル』(TBS系)が高評価だった石原さとみ。ふつふつとした情熱を感じる聡明な女性解剖医役の演技もすごく良くて、印象に残っています。今度は名門に生まれ、才能にも美貌にも恵まれた華道家が恋に落ちるという役どころ。きっとまた彼女らしい繊細な演技が見られるはず。

次のページ 
山田孝之と菅田将暉の合同インスタも話題の新ドラマ!

1
2




あなたにおすすめ