Entertainment

「ジャニヲタ」デビューするなら知っておきたい暗黙のルール

ジャニヲタ歴20年・みきーるのJ-ウォッチ

 新しいグループがデビューしたり、新ユニットが結成されると、自然と“新しいファン”も現れます。

 新しいファンというのは、今初めて彼らを知ってときめきの真っ最中にありますから、当然、沸きっぷりもハジケています。

 が、勢いみなぎるそのさまは、時として古参をイラつかせてしまうもの。そんなとき、SNSやイベント会場内で残念ないさかいが起こったりします。

「は? なんで古参に遠慮しないといけないわけ? 私が誰を愛そうが勝手でしょ!?」

 そりゃそうです、わかります。

 ただ、「コンサートに行く」「イベントに参加する」など他のファンと関わる場所に行くなら、基本マナーを押さえておかないとジャニ活を楽しめません。

クソ新規にならないで!愛され新規の心得


愛され新規になるには●基本マナーを確認する
「うちわは胸の高さで持つ」、「規定のサイズを守る」など、基本の応援マナーはしっかり確認しておくこと。「目立ちたいから、なんでもする!」なんて新規は大迷惑。

●なんでもかんでも口に出さない
口は災いのモト。「なんであのコはデビューできないの?」とか、思ったことをなんでもかんでも口に出さない。しだいにいろいろわかってきます。

●自分はビギナーと心得る
振り付けとか、コールとか、わからないことは先輩ファンに聞いたり、調べたりしてみましょう。だんだん覚えていけるものなので、最初から飛ばしすぎなくてオーケー!

●歴を盛らない、偽らない
一気に好きになると、「私は100年前から彼のファンだった!」くらい思いがち。知ったかぶりは絶対バレるので、やめておきましょう。

 ジャニヲタ界というのは、いわば銭湯のようなもの。いろんな人が、思い思いに湯に浸かり、自分なりの応援を楽しんでいます。いきなり新規が湯に飛び込んできてはしゃいでは、風呂場の平和が乱されます。良識ある古参ファンなら、「ちょ、待てよ!」くらい言いたくなるでしょう。

 変に気遣うことはないですが、基本マナーを守って上品に湯浴み(応援)を始めるべし。そのうちあなたも湯になじみ、気づけば古参になっているはずです。

 せっかくファンになったのですから、目指すは疎まれるクソ新規でなく、“愛され新規”

 どうぞ素敵にジャニ活を始めてくださいね!

<文/みきーる イラスト/二平瑞樹>
⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【みきーる】みきーる著書に『ジャニ活を100倍楽しむ本!』『「戦力外女子」の生きる道』他。Twitterアカウント:@mikiru公式ブログ『ジャニヲタ刑事!』




あなたにおすすめ