Love

酷暑のせいで不倫が奥さんにバレたうえ、全てを失ったワケ

不倫相手の“現実逃避ポーズ”のせいでクロ確定

 どうも北沢さんがコンビニに行っている間に様子を見に来たインストラクターが、1人っきりでグッタリしているWさんを見て心配になり、Wさんの自宅に電話をかけたらしいのです。 「Wは私のヒザから転がり降りると、うずくまって両手で顔を覆い震えていていました…。  私もあまりの事に凍りついていると、奥さんが『ほら出たよ! お約束の現実逃避ポーズ…てめぇ、それやったらクロだって認めてるのと一緒だからな!』って怒鳴りながらWのわき腹を蹴ったんです」  もちろん、マスターの妻とバー従業員の北沢さんは顔見知り。気まずい雰囲気の中…。 「奥さんが『とりあえず私がこの人を病院に連れて行くから、あなたは帰って。あ、慰謝料払えるように用意しておいてね。連絡します』と言い放つと、フラフラしているWを強引に引っ張って行ってしまいました」

職を失い、慰謝料請求におびえる日々

慰謝料請求 その日の夜にWさんから電話があり、お店をクビになってしまった北沢さん。横で妻がニラみをきかせているようでWさんは終始不自然な様子だったそう。 「まさか、あんな形で不倫がバレるなんて思いませんでした。急に仕事も無くなってしまって途方にくれています…。あと、いつ奥さんから連絡がくるのかと思うと怖くて、怖くて胃が痛いですよ」  北沢さんは新しい仕事を探しつつ、暇さえあれば“不倫 慰謝料 相場”などとググって、ため息をついているそう。もちろんあれから2度とスポーツセンターには行っていません。 <文&イラスト/鈴木詩子> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】 【鈴木詩子(すずきしいこ)】 漫画家。『アックス』や奥様向け実話漫画誌を中心に活動中。好きなプロレスラーは棚橋弘至。著書『女ヒエラルキー底辺少女』(青林工藝舎)が映画化。
鈴木詩子
漫画家。『アックス』や奥様向け実話漫画誌を中心に活動中。好きなプロレスラーは棚橋弘至。著書『女ヒエラルキー底辺少女』(青林工藝舎)が映画化。Twitter:@skippop
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ