Gourmet

料理テクは不要。デパ地下級の肉料理が「ほぼ放置」で作れちゃった♪

 時代は「時短料理」を越えて「放置料理」へ? 『放っておくだけで、泣くほどおいしい料理ができる』は、テクニック要らずのレシピ本です。なんと「放っておくだけ」で、デパ地下のお惣菜顔負けの一品が完成するのですから。
『放っておくだけで、泣くほどおいしい料理ができる』

谷口菜津子・小田真規子『放っておくだけで、泣くほどおいしい料理ができる』ダイヤモンド社刊

 著者は料理家の小田真規子さんと漫画家の谷口菜津子さん。小田さんが研究を重ねたレシピを、谷口さんがわかりやすく漫画で解説しています。

時間を味方につければ、忙しくても料理できる

 家族に愛情たっぷりの料理を作ってあげたくても、仕事や家事に追われてヘトヘト……ということも多い女性達。ついつい出来合いのおかずを並べたり、ワンパターンのメニューになってしまいがち。  先日テレビで、「妻の手抜き料理に愛情不足を感じる夫」という特集が組まれていましたが、これには私、反発するよりも悲しみが先にきてしまいました。 放置料理 女性達だって、手をかけた料理を作りたいのは山々。「でも時間がないの!」と、思わず叫んだあなた。大丈夫です。本書に掲載されているのは、「時間を味方につける」料理。「サッと下ごしらえしたら冷蔵庫で放っておく」、こんなレシピが満載なのです。  今回はその中から、プロ顔負けの味が手軽にできる、2つの料理をご紹介します。

「デパ地下で買ったとしか思えない」牛肉ねぎ醤油漬けの放置レシピ

 まずは、持ち寄りパーティーなどでも重宝する牛肉料理から。保存もきくので、牛肉は多少フンパツするのがオススメ(本書では、500g1065円のものを使用)。 <レシピ情報>  作業時間 20分  放置時間 5時間30分~  調理器具 フライパン、鍋、ジップ式の袋  保存期間 冷蔵3日 牛肉ねぎ醤油漬け<材料>  牛ももかたまり肉 500g  塩 小さじ1/2  サラダ油 大さじ1  ねぎ 1本(100g)  調味料A(混ぜておく)  砂糖 大さじ1  醤油 大さじ3  酢  大さじ2  柑橘果汁(オレンジジュース・レモン汁など) 大さじ2  赤唐辛子 1本(小口切り) <牛肉ねぎ醤油漬けの放置レシピ> 1 牛肉を冷蔵庫から出し、表面の水けを拭き取ってから、塩をすりこむ。 【放置】常温で[30分]おく 2 牛肉から出た水けを軽く拭き取る。フライパンにサラダ油を中火で熱し、7~8分かけて、すべての面に焼き色をつける。 3 鍋に6カップの水を沸騰させて、火を止める。そこに水1カップを注いで少し温度を下げてから牛肉を入れ、ふたをする。 【放置】そのまま[1時間]ほどおく 4 斜め薄切りにしたねぎと、調味料Aを併せてジップ式の袋に入れ、水けを拭き取った牛肉を入れる。※しっかりと袋の口を閉じる。 【放置】冷蔵庫で[4~5時間]おいて、味をなじませる。  薄く切り分け、器に盛りつけていただく。※余った分は切らずに保存する。  ほとんどの工程が「放置」なのに、お肉はしっとり、香り高いプロ級の味に驚くことでしょう!
次のページ 
「肉汁をすべて閉じ込めた」チャーシューの放置レシピ
1
2




あなたにおすすめ