Entertainment

死んだ親友からメールが…切なく怖いドラマ『青と僕』は隠れた名作

 どこまでも青く、キラキラして楽しかった学生時代。でも、その思い出が、共有していた相手との間ですらも、別の角度から見ると違った見え方をしていたかもしれない……。

青と僕

(C)フジテレビ

 青春ミステリードラマ『青と僕』(月曜深夜、30分・全6話)を観ると、美しくかっこいい映像・音楽に強く惹かれる一方で、切なく、少し恐ろしく、息苦しくなってしまいます(8月13日・月曜25:05~25:35が最終回ですが、フジテレビの配信サービス・FODで全話見られます)。

親友の死の真相は…


 ある日、忙しく仕事にあけくれている主人公“ぼく”(井之脇海)の元に、謎の死を遂げたかつての親友である“あいつ”(寛太郎)から、届くはずのない一通のメールが届きます。

 しかも、その内容は、「自分のことを忘れるなんて許さない」という憎しみが込められたもの。

 そこから主人公の職場や自宅に様々な嫌がらせが続き、ぼくはかつての同級生であり、かつて“あいつ”と交際していた紫織(池田エライザ)に相談。ともに“あいつ”の死の真相を探るのですが……。

 スリリングな展開を見せる現代と、記憶にある眩(まばゆ)いばかりの高校時代。現在と過去を行きつ戻りつしながら、ドラマは進んでいきますが、そこで見えてくるのは、“ぼく”が“あいつ”のことを、実は何も知らなかったということ。

 ここまではよくある展開ですが、と同時に、皮肉な事実も浮かび上がってきます。
「人生は短い」「明日死ぬかもしれない」などと陳腐な発言を繰り返してきた、あいつの「真意」がどこにあるのか――。


“あいつ”のことを何も知らなかった


 いつでも明るく前向きで、才能に溢れ、堂々としていて、カリスマ性があった“あいつ”が、美大に一浪して入学したものの、中退。実は色覚障害の疾患に苦しみ、「色のない世界」に落ちていったという事実と、それに“ぼく”も紫織も全く気付いていなかったこと。

 そして、まぶしい光を放っていた色彩豊かな“あいつ”の世界が色を失っていくのとは対照的に、平凡で「自分には何もない」と感じていた“ぼく”は、一流大に合格、一流企業に入り、エリートコースを歩んでいきます。

 そこで見えてくるのは、“あいつ”の知らなかった闇と、“ぼく”の「俗っぽさ」、罪深いほどの鈍さとシンプルさでした。

 例えば、“あいつ”に憧れをひそかに抱いていた同級生・紺野くんが、友達になりたくても気軽に話しかけられず、音楽の趣味を通してちょっと距離が近くなったとき。そんな思いにもまるで気づかず、“ぼく”は紺野くんが“あいつ”に貸していたCDを一声かけるだけで当然のように又借りし、おまけにギターを始めます。“ぼく”にとっては友達になるのも、ギターを始めるのも、さして重要ではない気軽な行為でした。

 そして、不要になり、紺野くんに返却したCDのケースには、ヒビが入っていました。もちろん故意ではなく、「ぼく」には悪意のカケラもありません。“あいつ”の隣に当たり前にいる“ぼく”に対して、紺野くんが嫉妬心を抱いていたことにも全く気づかなければ、存在すらも最初から見えていなかったのです。


次のページ 
悪意なく人を傷つけているかもしれない

1
2




あなたにおすすめ