Entertainment

King&Princeに「ティアラ」と呼ばれてキュンッ♪ファンネームでヲタは高まる

ジャニヲタ歴20年・みきーるのJ-ウォッチ

 飛ぶ鳥を落とす勢いでアイドル街道を驀進中のKing&Prince(キンプリ)のみなさん。5月にデビューしたばかりとは思えぬ快進撃です。

 まぁ私にしてもキンプリが通る道に石ころがあれば拾いに行くし、油がまいてあればすっ飛んでいって新聞紙で拭くでしょう。「彼らが征く王道、王子道を阻むものは許さん!」そんな感じ。だって「ティアラ」だもん!←

「ティアラ」というのは、King&Princeファンの愛称です。キンプリが認めた正式名称であり、彼らのファンが誇りを持って「私はティアラ!」と名乗れる――それがファンネームというもので、キンプリファンはティアラという名を戴きました。

男性ファンは「オスティアラ」 ジャニーズのグループとそのファンは、主にデビューを機に“カレカノ”のような絆が深まります。カレカノ、恋人同士というのは「なんて呼ぶ?」とか言いながらおたがいの呼び名を決め、デレデレしあっていくものですが、ジャニとそのファンだって変わりません。

 ジャニーズWESTのファンは「ジャス民」、Sexy Zoneのファンは「Sexy lovers(セクラバ)」というように大切なファンに呼びかける名前をつけて、双方の関係はさらに温かみを増していく、と。

ファンの性別や年齢で呼び名が変わる場合も


 ファンネームは、ファンの性別や年齢によって変化が付けられる場合もあります。

 関ジャニ∞のファンは「eighter(エイター)」と呼ばれますが、男性ファンは「男エイター」、ちびっ子ファンは「子供エイター」というように分けられ、コンサートでは「まずは男エイター! 声を聞かせてくれ!」「子供エイターもありがとう!」などと、それぞれに向けたメッセージが放たれたりします。

 ファンをきめ細かく見てくれるのは、とても嬉しいことですね。

 そして、件のキンプリファン、ティアラについても「女性の呼び名としては可愛くていいけれど、男性ファンは……?」という戸惑いがあり、そこにズバッと王子な采配をしてくれたのがメンバーの岩橋玄樹さんです。

 いわく、男(オス)のティアラだから、キンプリの男性ファン=「♂ティアラ(オスティアラ)」とのこと。お、おう。

 もったいなくも王子から賜ったお名前、オスティアラのみなさんは、ありがたく名乗らせていただくのがよいかと存じます。

 10月10日にはセカンドシングル「Memorial」の発売を控えたKing&Prince。ティアラとオスティアラで力を合わせ、大いに盛り上げていきたいですね!

<文/みきーる イラスト/二平瑞樹>
⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【みきーる】みきーる著書に『ジャニ活を100倍楽しむ本!』『「戦力外女子」の生きる道』他。Twitterアカウント:@mikiru公式ブログ『ジャニヲタ刑事!』

みきーる
ジャニヲタ・エバンジェリスト。女子マインド学研究家。応援歴20年超のジャニーズファン。女心を知って楽しく生きるためのライフハック“女子マインド学”を提唱。著書に『ジャニ活を100倍楽しむ本!』(青春出版社)『「戦力外女子」の生きる道』他。 ●Twitterアカウント:@mikiru ●公式ブログ:『ジャニヲタ刑事!




あなたにおすすめ