News

SNSに他人の子を無断でのせる親たち。運動会の写真から個人情報が…

 ITジャーナリストの久原健司です。

 今年も運動会の季節がやってきました。運動会の写真を撮るうえで、忘れてはいけないのがSNSのリスクです。普段当たり前のようにしているスマホでの撮影で、他人の子どもが写っていた場合もありますよね? その写真をSNSにあげる際、親御さんに了承を得ているでしょうか?

運動会

運動会の写真を勝手にSNSにアップする親たち


 運動会でわが子の活躍を写真や動画に収めようと親が必死になる――私にも娘がいるので、その気持ちは十二分に理解できます。しかし、他人の子どもまでSNSに無断であげるという行為はいただけません。

 総務省が出している「インターネット利用におけるトラブル事例等に関する調査研究」においても、近年、子どもたちに関するSNSトラブルが多く掲載されています。

 その中にも記載されていますが、SNSなどへの投稿内容から個人が特定され、付きまといを受けるようになったとの事例があげられています。

 最近の小学校では、名札を付けて登下校させないなどの対策を行い、子どもたちの個人情報が漏れないように様々な手を尽くしてくれています。そんな中、自身の子どものみでなく、他人のお子さんまでSNSに掲載してしまう行為は、多くの危険を引き起こす可能性があることを十分に理解する必要があります。

子どもの写真を勝手にSNSにあげられると…


 スマホに掲載されているカメラは、指紋さえわかる高画質のものが多く、背景に写る看板などから場所が特定される危険性があります。ましてや運動会の写真であれば、SNSに投稿されたコメントなどから非常に高い確率で特定できてしまうため、子どもの友人までもが危険にさらされることになってしまうのです。

運動会 個人を特定しうる情報の写り込みから、Googleマップを利用して場所を特定されることはもちろんのこと、スマホやデジタル一眼レフなどで撮影された写真や映像にはExif情報(※)が含まれています。

(※)撮影に使用したデジカメやスマホなどの機種、撮影時の設定、GPSの位置情報などが確認できる情報

 特にこのExif情報の中にある「GPS情報」には、写真を撮った時の緯度・経度情報が記録されます。設定で記録させないようにすることも可能ですが、デフォルトの設定では一般的に記憶されるようになっていますので気を付けてください。

 TwitterやFacebookなど大手SNSでは画像のExif情報は自動で消してくれるようになっていますが、個人サイトやブログなどはExif情報が削除されていない可能性があると認識し注意した方がいいでしょう。

次のページ 
SNSの無断掲載は、対策の仕様がない?

1
2
女子SPA!にコメント機能がスタートしました!
右上の「コメント」ボタンからぜひ感想などを投稿してね♪
同じボタンから他の人のコメントを見ることもできます!
「いいね」ボタンもあるので、ぜひチェック♪
なお、トライアル版につきコメント反映までしばらく時間がかかることがございます。




あなたにおすすめ