Entertainment

韓流BTS(防弾少年団)がアメリカで愛される理由。日本の紅白なんて眼中にない?

bts「TIME Magazine」Meredith Corporation

「TIME Magazine」October 22, Meredith Corporation

 韓国の7人組ボーイズグループ、BTS(防弾少年団)の人気が世界中で加熱。アメリカでの勢いもとどまるところを知りません。

4万人のペンライト「アーミーボム」がNYで揺れる


 2作連続全米アルバムチャート1位、全米ツアーのチケットはソールドアウト、米テレビの人気トークショーに連続出演、そして、あの『Time』が次世代リーダーに選出とノリに乗っているBTS。



 10月6日、ニューヨークのシティフィールドで行われたコンサートには全米から約4万人のファンが集まりました。

『ザ・ニューヨークタイムズ The New York Times』によると、「4万本のコンサート用オリジナルペンライト“アーミーボム”が鮮やかにきらめき、2時間半に及ぶコンサートはまるでファンとメンバーとの対話が交わされているような一体感だった」とか。


 これに比べて日本のBABYMETALやきゃりーぱみゅぱみゅがいくら米国で人気があると言っても、興味を持つのはやはり限られた一部のアメリカ人のみ。

 コンサート会場もBTSに比べ小規模で、きゃりーの約2000人(NY、プレーステーションシアター、’18年6月)、BABYMETAの約1000人(テキサス、ハウス・オブ・ブルース、’18年5月)と足元にも及びません。

 ではなぜ、韓国出身のBTSはアメリカで成功できたのでしょう?

巧みなSNS使いで2017年最もツイートされたセレブに



 この疑問に対して米メディアが口を揃えて言うのが、「今までのアジア出身アイドルにはないメッセージ性」と「強烈な個性」。

『ヴァルチャー Vulture』によると、韓国のアイドルグループは個人的にSNSのアカウントを持たないのが一般的。下手なことを言って炎上されては困ると、事務所側が禁じているようなのです。

 そんな中、BTSのメンバーは早くから、プライベート写真や楽屋裏の様子などを逐一(ちくいち)配信しているのだとか。

 おのずと人の目に触れることも多くなり、2017年にはあのジャスティン・ビーバーを抜いて「最もツイートされたセレブ」1位に。世界中で着々とファンを増やしていったのです。


次のページ 
時流に乗った「ラブ・マイセルフ」

1
2
女子SPA!にコメント機能がスタートしました!
右上の「コメント」ボタンからぜひ記事の感想などをどうぞ♪
同じボタンから他の人のコメントを見ることもできます!
「いいね」ボタンもあるので、ぜひチェック♪




あなたにおすすめ