Entertainment

未婚のまま3児のパパに…母親も全員違う、人気俳優のモテ男ぶり

 未婚のまますでに2人の子を持つ人気俳優のオーウェン・ウィルソン(49)にこのたび、第3子が誕生したようだ。

 オーウェンは先月、父親鑑定の結果、自分の子であると判明した第3子が誕生予定であることを明かされていた。そして9日、交際相手のヴァルニー・ヴォンスヴィレーツさんとの間に、ライラ・アランヤちゃんと名付けられた女児が誕生したと言われている。

オーウェン・ウィルソン

オーウェン・ウィルソン

 ピープル誌によれば、ライラちゃんは身長21インチ(約53センチ)、体重6ポンド13オンス(約3090グラム)で、アランヤというミドルネームは、ヴァルニーさんのタイ人の父親にちなんでつけられたそうだ。

 先月ヴァルニーさんは自らのインスタグラムで、オーウェンが出演した2017年作『ファーザー・フィギュアズ』の試写会で一緒に撮った写真に、「ファーザー・フィギュア(父親像)」というタグを付けて投稿し、お腹の子供の父親がオーウェンであることを明かしていた。


 オーウェンは6月、求められてすぐに父親鑑定を受けることを申し出たとされており、自分の子供だった場合には父親としての役割は果たすと宣言したと言われていた。

 当時、関係者はこう話していた。

「オーウェンは2人の息子の良き父親で、それぞれの母親とも親しい関係を維持しています」

「もちろん、もし親子鑑定の結果、実の息子だと証明されれば、全力でその子のことを支援するでしょう」

 2人の息子は、それぞれ違う女性との間にできたといわれている。1人はしばらく交際・同棲していた一般女性との間にできた子。そしてもう1人も一般女性との間にできた子だが、お相手は当時、人妻だったうえ交際さえしていなかったとされている。

 そして今回生まれた女の子のママであるヴァルニーさんについて、はっきりとした情報はないが、少なくとも有名な女優や歌手といったことはないようだ。

 日本でも今年公開され話題となった映画『ワンダー 君は太陽』では、生まれつき人と顔立ちが違う10歳の少年オギーをユーモアと深い愛情で包み込む父親を熱演したオーウェン。


 この映画を見て「こんなパパ、夫がいたらいいな!」と思わせるような名演技だったが…。

 実際のオーウェンは、1人目の息子が生まれたときに「自由がなくなった」といって飲み歩き、愛想をつかしたパートナーは出て行ったという。そのときは世間からもすっかり「ダメ男」認定されたといわれるオーウェンだが、今後はぜひとも映画のような素敵なパパでいてほしいものだ。

共演女優も警戒する危険なモテ男。失恋で自殺未遂した過去も


 別々の女性たちと子供をもうけていることからもわかるように、とにかく「プレイボーイ」として知られるオーウェン。だが過去には、交際していた人気女優のケイト・ハドソンにフラれ、手首を切って自殺未遂をおこし、緊急搬送されたことも。

 こういったことから、共演女優たちから「マジになるとヤバい相手」と警戒されているともいわれている。

 自殺未遂の原因となったケイトとは、いったん復縁するもすぐに破局したというが、モテ男のオーウェンとモテ女のケイトがうまくやって行くのは難しかった?!

 ちなみにケイトも、今では2人の男の子と、1人の女の子のママ。つい最近生まれたばかりの女の子を含め、3人の子のパパは全員違う男性である。

<文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>




コメント機能がスタート!
右上の「コメント」ボタンから記事の感想などをどうぞ♪
他の人のコメントも見れるよ!
なお、トライアル版につきコメント反映までしばらく時間がかかることがございます。




あなたにおすすめ