Gourmet

「100円おせち」今年も登場。インスタ映えする盛り付け方をプロが伝授

どうして100円で販売できるの?


100円おせち

伊達巻や蒲鉾もこのサイズで100円は安いですよね

 そもそもどうして100円という価格で提供できるのでしょう。

 たとえば佃煮類は、大正2年創業の老舗の佃煮やさんに作ってもらっている品で味も保証付き。そんな佃煮がなぜ100円で販売することができるのか。それは、形、サイズが不揃いの物も使用しているためだそう。

 また、高価なイメージのある数の子。こちらは昨年豊漁で、質の良いアラスカ産の数の子を大量に買い付けすることに成功し、2年間かけて100円サイズにカットしてくれる工場(寿司ネタの加工工場)を見つけたから実現できたそう。

 こういったさまざまな工夫と努力の賜物が、この100円おせちなんですね。

 適量のおせちが100円で売っているのは、少人数の家庭にとってもありがたいですよね。今年は実家に帰らないけど、正月気分を味わいたいという独身の人にとってもちょいどいいかもしれません。

<文/鈴木詩子 写真/山田耕司>
⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

鈴木詩子
漫画家。『アックス』や奥様向け実話漫画誌を中心に活動中。好きなプロレスラーは棚橋弘至。著書『女ヒエラルキー底辺少女』(青林工藝舎)が映画化。
1
2




あなたにおすすめ