Beauty

冬メイクでやりがちなNG集。ケバい、血色悪い…

モードすぎるマットリップは敬遠されがち


 次はリップメイク。マットな質感は冬によく合います。

マットリップ

左はマットすぎてNG、右はハーフマットでOK

 しかし、写真左のようにマットすぎる仕上がりだと、モードな印象になってしまいがちです。大人の魅力を出すには、ちょっと工夫するのが大切。

 右はハーフマットな質感ですよね。実はこれ、左のマットリップにリップバームを重ねているだけなのです。ブラシに取って重ね塗りしています。程よいツヤが色っぽい。乾燥対策にもなるので一石二鳥です。大人の冬リップは、ハーフマットで攻めましょう。

ブラウンはバランスを重視しないと血色が悪い人に…


 チークやリップメイクのブラウンカラーがよく映えるのも冬。しかし、ある程度歳を重ねると、血色の悪さを強調してしまいかねません。

 チークかリップメイクでブラウンを取り入れる際は、他のパーツが華やかになるよう心がけましょう。目元にボルドーなど明るい色味を乗せるだけで、断然血色が良く見えます。普段のナチュラルメイクにブラウンチークやブラウンリップをプラスするだけでは、老けて見えてしまう可能性があるのです。バランスを考えながら取り入れて。

ブラウンリップ

左は血色感が悪くNG、右はOKな例

 また、リップにブラウンを使用したいときは、ルージュとグロスの合わせ技がオススメです。写真左はブラウンルージュのみ。やはり血色感が損なわれています。右はブラウングロスを重ねています。落ち着いた色味でありながらも、華やかさがプラスされるのです。大人ならではの楽しみ方を!

 せっかく季節感を意識したメイクをしていても、残念メイクになるのは避けたいですよね。脱NGメイクで、より美しく!

<文・写真/美容ライター・西田彩花>

西田彩花
美容ライター。美容薬学検定1級、コスメコンシェルジュ(日本化粧品検定1級)、メイクアップアドバイザー検定資格保有。マスコミ系企業に在職中美容資格をいくつか取得し、美容ライターとして独立。ブログ
1
2




あなたにおすすめ