News
Fashion

高級ダウン「モンクレール」の全身モッコモコのドレス、まさかの大売れ

 高級ダウンジャケットで知られるイタリアの「モンクレール」がインパクトの強いコラボ商品を次々発売し、今冬のファッションニュースを独り占めしています。


インスピレーションは聖母像から?ダウンを使ったイブニングドレス


 モンクレールが才能ある世界のクリエイターたちとコラボして革新的なデザインを生み出す新プロジェクト「モンクレールジーニアス」。その番号付きの8つのコレクションの中で、今最も注目されているのが10月11日に世界同時発売された「1 モンクレール ピエールパオロ ピッチョーリ」。


「ヴァレンティノ」のクリエイティブディレクターであるピエールパオロ・ピッチョーリが手がけたクチュール風のラインアップで、ダウンをふんだんに作ったカラフルなイブニングドレスが目を惹きます。

『ザ・カット The Cut』の取材に答えたピッチョーリは、そのインスピレーションを「ルネッサスンス期の画家ピエロ・デラ・フランチェスカやジョット・ディ・ボンドーネの描いた聖母像からを受けた」とコメント。

ジョット・ディ・ボンドーネ「荘厳の聖母」

ジョット・ディ・ボンドーネ「荘厳の聖母」

 ドレスの他にもフード付きのケープやヒジまで届くロンググローブなど、中世のヨーロッパを思わせるスタイルが揃っており、重ね着すれば舞踏会に出かけるような華やかな姿に変身できるのです。

 実際には、11月8日に行われた『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』のワールドプレミアに若手人気俳優のエズラ・ミラー(26)が同コレクションを身にまとって登場すると、魔法の世界を描く作品のイメージとぴったりとSNSで話題に。


 全身黒尽くめ、パープルのリップの妖艶な出で立ちは、クィア(性的マイノリティの一種)であることを公言している彼の魅力ともマッチしており、「最高!」「彼にクギづけ」「レッドカーペットの勝者」と各ファッション誌から絶賛されました。

次のページ 
街で着る人に「普段使いするんかい!」の声も

1
2




あなたにおすすめ