♂&♀

子どもが小さい場合のH事情、どうしてる?夫婦性活が難しい…

 いつまでも素敵な夫婦の夜を過ごしたい! けど、小さな子どもがいるし…と、お悩みではありませんか?

 子どもが生まれると、生活が子ども中心になってしまうので、夫婦生活も難しくなってしまいます。しかし、そのお悩みはエッチ中の音に気をつけたり、場所を変えたりすることで改善することができますよ。

親子 ラブリサーチが、未就学のお子さんがいる女性を対象に、『旦那さんとのエッチ、どこでしますか?』というアンケートを行ったところ、「別室」という回答が43.5%でトップ!

===============
【未就学のお子さんがいる女性に質問】旦那さんとのエッチ、どこでしますか?

しない  (20)
同じ部屋 (29)
別室   (47)
そのほか (12)

回答時期:2017.04.28~2017.05.27
総回答数:108名が回答
===============
 同じ部屋でする場合に気を付けることや、他にどんな場所が選べるのかも参考にしたいところですよね。そこで今回は、小さなお子さんがいる夫婦でも、上手にエッチができる方法をご紹介していきたいと思います。

 小さなお子さんがいる夫婦には、なかなか難しいエッチ事情ですが、この記事を読めばきっと、役立つヒントを得られるはずですよ。

ベッドのカップル

同じ部屋でする場合:「ベッドがきしむ音」に気を付ける


・ベッドがギシギシ鳴らないようにする。極力声は出さないようにする
・少しでも起きそうな気配(寝返りを打つ等)があったら動きを低下させる
・布団が擦れる音をお互い気にしながらエッチ

 小さな子どもにも別室を用意できればベストですが、子どもが小さいうちは両親と一緒に寝る文化のある日本では、なかなか難しいですよね。子どもが寝ている部屋と同じ部屋でする場合に、何よりも注意しておかなければならないのが「音」です。

「あえぎ声」はもちろんのこと、「ベッドがきしむ音」「布の擦れる音」などにも要注意。体を密着させて、できるだけ腰だけを動かすなど、できる工夫から試してみましょう。

 ベッドによっては、上下の動きできしみやすい場合と、スライドの動きできしみやすい場合とあるので、どんなふうに動けばきしみ音が出にくいかを試してみるのも良いでしょう。ベッド自体がきしみやすいという場合もあるので、新しいベッドの購入を検討したり、ベッドのネジを確認するのもひとつの方法ですよ。

別室でする場合:「喘ぎ声」に気を付ける


入れた瞬間に「あっ」と声が・子どもを早く寝させる。声を抑える。
・できるだけ子どもを起こさないように気をつける。喘ぎ声をおし殺す、激しいセックスは避ける、短時間で満足できるように工夫するなど。
・子どもが寝てから2時間以上過ぎてから、別室で抱き合います。声が大きくならないように気をつけていますけど、最後にイクときだけは我慢できません。

 寝室に子どもを寝かしつけてから、リビングなど「別室」で、というのが一番定番のようですが、「喘ぎ声」には要注意!みなさん激しいエッチを避けたり、鍵をかけたり、いろいろ工夫をしているようです。

 喘ぎ声は「出てしまう」ものでもあるので、どうしても声が出てしまう方は、声が漏れないようにする工夫をしてみましょう。枕に顔を押し付けたり、タオルを口に咥えたり。唇を内側に丸めて、声が出ないようにするのもおすすめですよ。

どうしても気になる場合:「ラブホテル」へ行く


ホテル・買い物に行くと言い、ラブホで
・喘ぎ声が大きいのでラブホにいきます。
・ラブホで

 努力や工夫をしてみたものの、どうしても音や声が気になってしまうときは、「ラブホテル」という選択肢も! 夫婦どちらかの実家が近い場合は月に1回、子どもを遊ばせてもらうのもひとつの手。

 お母さん&お父さんという役割から離れ、ふたりっきりの時間を過ごすのは、夫婦円満の秘訣でもあります。両親がニコニコ笑顔だったらお子さんも嬉しいですよね。たまにするエッチだからこそ、じっくり愛し合いたい! という夫婦におすすめです。

 小さな子どもがいると、声や音など、気を使いながらのエッチになりがちですが、今回みなさんの回答を参考にすれば、きっともっとエッチを楽しめるようになるはずです。このほか、吸音・防音グッズを利用したりするのもおすすめ。工夫を凝らして、愛する旦那さんと、幸せを感じるエッチをしてくださいね。

▼ライター:はろ。さんプロフィール
10代の頃から様々なタイプの男性と経験があり、男性心理を理解して満足させるのが得意。ネガティブな経験も経て、デリケートな心を大切に、すべての女性が幸せになれることを願いながら、恋愛やエッチに関するコラムを執筆中。

<コンテンツ提供/ラブリサーチ>
⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

ラブリサーチ
女性向けセクシャルヘルスケアブランド「LCラブコスメ」が運営する恋愛情報サイト。

【ラブリサーチ】
女性向けセクシャルヘルスケアブランド「LCラブコスメ」が運営する恋愛情報サイト。今回の記事の他、以下のような記事が掲載されています。
★セックスレス知らずの夫婦から学ぶ!エッチのきっかけ作りの方法
★いつまでも仲良しでいたい!夫婦のセックスの悩みと解決法3選
★日本人の夫婦はなぜセックスレスに陥りやすいのか?




あなたにおすすめ