♂&♀

やばい、ブラとパンツが不揃い!でもエッチのスパイスにする方法がある

もう恐くない!上下違う下着をエッチのスパイスにする方法
 下着が入っている引き出しを開けると、ペアの下着がキレイに収まっている風景。女性としてデキてるイメージがありますよね。「上下ペアの下着は女性のたしなみ」という考えをお持ちの方も多いのではないでしょうか。  ですが、その価値観は人それぞれです。見えないところだからオシャレするのか。見えないところだから手を抜いて、他に注力するのか。そしてその価値観の根底にあるのは、「彼に見られたらどう思われるか」という気持ちです。  そこで113名の女性に「上下違う下着を身に着けることはありますか?」とアンケートを取り、ペアじゃない下着を身に着けているときにエッチな雰囲気になったらどうするか、コメントをもらいました。 =============== 【女性に質問】上下違う下着を身につけることはありますか? 回答時期:2015-02-13~2015-02-27 総回答数 : 113名 常に上下揃えている(48名) 彼と会わないときは別の柄が多い(46名) 彼と会うときも別の柄な時がある(26名) ================

上下違う!?ありえない!エッチも極力避ける

 普段から上下ペアの下着を着けている女性が、ペアじゃない下着を着けてしまったときに万が一、エッチな雰囲気になってしまったら……。 ・「ごめん、今日の下着見られたくないと素直に言う」 ・「雰囲気にもよるけれど、『シャワーを浴びたい』などと言って下着姿を見せない努力をする」 ・「すべて上下揃えてるけど、別だったらエッチな雰囲気を壊そうとするかも」  上下ペアがデフォルトな女性にとって、違う下着なんてありえないようです。彼と会う×エッチするかも?=下着はペア! という方程式がバッチリできていますね。  では、男性目線で見てみましょう。  いつもペアの下着を着けている彼女が上下違う下着を着けていたら、それは胸キュンポイントになります。下着を見られたくないのが女心なら、見られたくない部分を覗き見て、恥ずかしがらせたいのが男心。青天の霹靂ですが、エッチにはほどよい刺激を与えてくれますよ。  今日に限って!という日は、エッチはしても下着は全力で隠しましょう。そんな女性に男性は愛おしさを感じます。

だって恥ずかしいから……自分で脱ぐ。

 彼と会わないときは上下違う下着を着けている女性が、急に彼と会うことになり、エッチな雰囲気になってしまったら……。 ・「シャワーを先にするとかして、自分で脱ぐ状況に持っていく」 ・「今日は準備してないよと正直に伝えます」 ・「明るいところで脱がないようにする」  彼と会うときは上下ペアが前提にはあるものの、上下違うからエッチしない!という選択肢は薄れているようです。  この場合も先と同じく、彼が見たがったり覗き込んだら全力で隠すといいでしょう。しかし、嫌がるのは雰囲気を壊さない程度に。本気で嫌がったら彼もドン引きです。  振って湧いたエッチのスパイスを上手に活かして、楽しいラブタイムを作りましょう。お互い「こんなエッチもいいね」と笑顔で過ごせれば、恥ずかしさも良しとなります。

彼もわかってるし、気にしない!

 彼と会うときも上下ペアじゃない下着を着けることがある女性が、エッチな雰囲気になってしまったら…… ・「彼が気にしないと言ってくれるので、私も気にしません。いちいち合わせるのが面倒です(笑)」 ・「上下セットが基本だと思わないから気にしない」 ・「違う柄でもできるだけ上下近い色にするので、そこまで気にしない」  気にしない派、多数! ある意味、男性心理を分かっている女性と言えるでしょう。男性は、女性の下着がどうであっても、大した障害にはなりません。コメントにもある「脱ぐから関係ない(笑)」。まさにそれなんです。  しかし、気にしない女性だからこそ、上下ペアに揃えたときこそ効果を発揮します。何気ないデートの日、上下ペアの下着でエッチに望んでみてください。それもできるだけ女の子らしい下着で。「どう?」とか「かわいい?」とか、何も聞かずに脱がされる。それだけで彼の気持ちをクラクラさせられます。 「一体何があったの!?」彼は1人悶々と、あることないこと考えてしまうでしょう。そして行き着くのは「他のヤツに取られなくない!」。普段とのギャップが、2人の恋を色めかせてくれるのです。 「下着は女性のたしなみ」とはつまり、下着を見せる男性に愛されたい女性の気持ちです。  上下ペアでも、ペアじゃなくても、男性の気持ちは大して変わりません。下着をエッチの武器にするのではなく、あくまで添え物、スパイス的に考えると、恋愛やエッチがより楽しめるのではないでしょうか。 【ライター:小室 友里さんプロフィール】 夜の性活相談員。90年代を代表するAV女優として世界初のアダルトDVD作品を発売した。AV引退後は、舞台、海外作品を含む映画出演。ボーカリストとしても活動中。ライターとしてセックス関連のコラム、お悩み相談など寄稿。「セックスとはお互いを知ること」がモットー。
<コンテンツ提供/ラブリサーチ> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】 【ラブリサーチ】 女性向けセクシャルヘルスケアブランド「LCラブコスメ」が運営する恋愛情報サイト。今回の記事の他、以下のような記事が掲載されています。 ★意外と知られていない?ブラジャーについての豆知識5つセックスの前、シャワーを浴びた後の正しい服装はこれだった!男性に聞いた!彼女といてエッチな気分になる瞬間を調査!
ラブリサーチ
女性向けセクシャルヘルスケアブランド「LCラブコスメ」が運営する恋愛情報サイト。




あなたにおすすめ