Entertainment

『バチェラー』でブレイクしたギャル“ゆきぽよ”が語る、不安と野望

 ネットで配信中の恋愛リアリティ番組『バチェラー・ジャパン』シーズン1で圧倒的な異彩を放ち、本家アメリカの『The Bachelor』にも進出。ギャル度強めな風貌と天真爛漫なキャラクターが全米にも愛され、その後は怒濤の勢いでバラエティ番組を中心にタレント活動中の彼女が2019年の目標を高らかに宣言した! ゆきぽよ

[日本を勝手に背負ったギャル]の野望

 独身男性との結婚をめぐって複数の女性が争う恋愛リアリティ番組『バチェラー・ジャパン』への出演がきっかけでブレイクしたゆきぽよ。  2018年はさまざまなバラエティ番組にも引っ張りだこで、その独特な存在は破竹の勢いで拡散中だ。 「もし『バチェラー』に出てなかったらこの仕事してなかったし、アルバイトをしてたかもしれないです。あれを見た関係者の方に目をつけてもらい、ピーって呼んでもらってアメリカ版にも出してもらえたんですよ。それが自信に繋がってますね。日本でバチェラーの放映が終わったら、なんか周りが大騒ぎしてました(笑)」  とはいえ、目まぐるしく移り変わる芸能界。安定しない毎日にふと不安を感じる瞬間もあるという。 「だって世間一般のみなさんには、私って完全に『何者?』って感じじゃないですか? 一応、本業はモデルのつもりですけど、モデルの仕事は全然ないし(笑)。だからタレントとして早く世間に認められるのが今の目標。肩書は『日本を勝手に背負ったギャル』です!」 ゆきぽよギャル口調で繰り出される、突き抜けてポジティブな言葉の数々。自身の来年の目標は? 「1年でテレビに300本以上出る! CMは……5本くらい欲しい! 行ってみたい場所はラスベガス! でも初めてのラスベガスは絶対仕事で行きたいんです! あとモルディブ! 海で癒やされたい! インスタ映えしに行きたい! 海大好き! だって山行ってもしょうがなくない?」  ちなみに、バッグに鮭とば(さけとば。鮭を干したおつまみ)を常備しているそう。 「急にしょっぱいもの食べたくなるときあるじゃないですか。お酒はめちゃくちゃ飲めます。でも立ち飲みはダメ。脚むくむし」  来年も自由奔放に走り続ける彼女を、誰も止められないだろう! <取材・文/中村裕一 撮影/杉原洋平 ヘア/高野雄一> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】 【ゆきぽよ】 ’96年、神奈川県生まれ。本名・木村有希。’12年、雑誌『egg』の読者モデルとしてデビュー。’17年、『バチェラー・ジャパン』(Amazon Prime Video)に出演。YouTubeチャンネル『ちっぽよTV!』の登録者数は13万人を突破。グアムで撮り下ろした初の写真集『Yukipoyogram ゆきぽよ写真集』が来年1月18日(金)発売
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ