Entertainment

『まんぷく』長谷川博己がまた逮捕。“牢屋のハセヒロ”割合を数えてびっくり

 視聴率も評価も初回から常に高水準を維持したまま、2018年放送分も残りわずかとなったNHK朝ドラ『まんぷく』。年内は12月28日(金)までで、総集編・前編が12月29日(土)8:00~9:28(NHK総合)で放送されます。

View this post on Instagram

ありがとう塩軍団! さようなら塩軍団! \そして…緊急企画!/ 公式ホームページにある「まんぷくブログ」では、インタビュー企画(前編)「さよなら塩軍団-思い出のシーン編」を公開中です! ぜひチェックしてみてください! *公式ホームページのURLはプロフィール画面でご確認ください #まんぷく #朝ドラ #安藤サクラ #松坂慶子 #大谷亮平 #瀬戸康史 #岸井ゆきの #中尾明慶 #前原滉 #毎熊克哉 #川並淳一 #永沼伊久也 #スチール哲平 #梅林亮太 #中村大輝 #三好大貴 #南川泰規 #関健介 #榎田貴斗 #原雄次郎 #辻岡甚佐 #塩軍団 #お塩メン

連続テレビ小説「まんぷく」さん(@nhk_mampuku)がシェアした投稿 –

 

 世界初のインスタントラーメンを生み出した安藤百福・仁子(まさこ)夫妻をモデルにした、福子(安藤サクラ)・萬平(長谷川博己)の激動人生。12月22日放送分では、ついに「たちばな塩業」(塩づくりの会社)の新事業として立ち上げた「たちばな栄養食品」の解散が決定してしまいます。

 みんなの愛する「塩軍団」(たちばな塩業の男くさい従業員たち)がバラバラになってしまうという寂しい結末がやってきました。塩軍団が見られるのは、おそらく年内だけと誰もが思っていたことでしょう。それにしてもやっぱり寂しい。

気がつけば、萬平=長谷川博己はしょっちゅう“牢屋”にいる


 そもそも解散のきっかけとなったのは、萬平3回めの逮捕でした。舞台は、戦争に負けた日本が、アメリカ進駐軍(GHQ)の支配下に置かれている時代。

 萬平&福子夫妻が、教育を受けられなかった従業員たちに奨学金を与え、夜間学校に通わせたことが「脱税」とされてしまったのです。萬平は進駐軍に逮捕され、罰金7万円と追徴課税まで支払いを求められてしまいます。仕方なく会社を解散することに。


 それにしても、3度目の逮捕ともなると、さすがに「萬平さんは見るたびに牢屋にいる」と悲痛に感じる視聴者もいるかもしれません。
 実際、萬平の顔を思い出すたび、浮かんでくるのは――

(1)福子への恋や妊娠発覚などでニヤニヤする顔、
(2)仕事に打ち込んで夢中になるあまり、目が釣りあがってくる顔、
(3)青い光がさしこむ牢の壁際に座り、目の中に冷たい怒りの炎を宿している顔

 この3つが浮かぶ人も少なくないのではないでしょうか。

 そこで、第1話から12月22日放送分第72話までの計72日間の中で、萬平がどれだけ牢屋にいたかを改めて見直してみました。

1度目の逮捕:拷問を受ける長谷川博己に萌えた人も


●10月13日~19日までの6話分(※ドラマの放送話数です)

 最初の逮捕は戦時中。理由は、「軍需物資を横流ししている」という疑いをかけられたこと。真犯人は、萬平の才能に嫉妬した共同経営者の加地谷(片岡愛之助)でした。実は福子と萬平が二人だけで会ったのは、2回だけ。発明家という職業を理由に、萬平との交際を母・鈴(松坂慶子)に反対され、咲姉ちゃん(内田有紀)の病気が治るまでは萬平に会わないと約束した福子。しかし、咲姉ちゃんは亡くなってしまいます。

 もう会わないと決意する福子でしたが、「大事な人がいるなら、生きてそこにいるなら、簡単に手放してはいけない」と真一さん(死んだ咲姉ちゃんの夫、大谷亮平)が背中を押してくれたことで、会いに行くと、そこへ憲兵が……。


 1度目の逮捕では、数々の拷問を受け、後に体を壊すハメになった萬平さん。生きるために床にぶちまけられた食事を犬食いする凄惨なシーンもあったため、すごく長い印象がありましたが、実質ドラマ時間では1週間の牢獄生活でした。ちなみに、青い光の中で拷問される姿は美しく、詩的にも見えました。

次のページ 
2度目・3度目も…“牢屋のハセヒロ”割合の高さ!

1
2




あなたにおすすめ