Lifestyle

掃除は部屋の“すみっこ”を攻めるべし。掃除が超ラクになる驚きの事実

効率のいい掃除には、“ホコリだまり”を減らす作業を

――するとやはり、スクイージーが楽で早いんですね。 松本「スクイージーの利点は、汚れが目に見えること。肉眼で見えないホコリも、シュッと集めるとどのくらい溜まっていたのかがわかります。溜まるホコリの量は、その場所を何日おきに掃除すればいいかの目安になるので、より掃除が楽になりますよ。目に見えて汚れが取れることで掃除の効果も実感できるし、全箇所やっても1、2分くらいで終わりますから、習慣化もしやすいと思います」 部屋――数日おきに隅の汚れを取るだけなら、忙しい人も掃除嫌いな人も取り入れやすそうです。ちなみに、大掃除などしっかり掃除をしたい時、プラスアルファでやったほうがいいお掃除方法などはありますか? 松本「大掃除をしなければならないほど汚れていることが問題なので、まずはその意識を変えることですかね(笑)。日ごろから隅の汚れを取っていれば、家のホコリはある程度取り除かれているので、大がかりな掃除は必要なくなりますよ。  とはいえ、ホコリだまりの数が多いと億劫(おっくう)になりやすいので、『がんばるぞ!』という掃除の時には、整理整頓したり家具の配置を変えたりして、ホコリの溜まる場所を減らす作業をしてみてはいかがでしょうか? ポイントとしては、ホコリを集める風の流れをさえぎらないために、あまり物を置かないこと。部屋もすっきりするし、掃除もさらに楽になって、掃除そのものに対する意識が変わると思います」 ―松本忠男さんに聞く健康掃除のコツ vol.1― 【松本忠男】 東京ディズニーランドの開園時の正社員、ダスキンヘルスケアを経て、亀田総合病院のグループ会社に転職。清掃管理者として約10年間、現場のマネジメントや営業に従事。1997年、医療関連サービスのトータルマネジメントを事業目的として、株式会社プラナを設立。日本ヘルスケアクリーニング協会代表理事。亀田総合病院では100人近く、横浜市立市民病院では約40人のスタッフを指導し、現場で体得したコツやノウハウを、医療、介護施設、清掃会社に提供している。 <取材・文/千葉こころ> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
千葉こころ
ビールと映画とMr.Childrenをこよなく愛し、何事も楽しむことをモットーに徒然滑走中。恋愛や不倫に関する取材ではいつしか真剣相談になっていることも多い、人生経験だけは豊富なアラフォーフリーライター。
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ