Lifestyle

1千万円かけて整形した美人が「整形前に戻りたい」と語るワケとは?

 今も昔も綺麗になりたいと願う女性は多く、その望みを叶えるため、美容整形にとてつもない金額を投資する人も決して少なくはありません。
整形

写真はイメージです(以下同じ)

 けれども、それで絶世の美女になったとしても、本当の意味で整形が「成功した」とは言えない事例があることも確かです。そんな女性の話を聞いてみました。

癒し系キャラで人気キャバクラ嬢だったのに整形

 キャバクラで働いているS子さんは現在23歳。大学生だった20歳の時にアルバイトで始めたキャバ嬢にすっかりハマってしまい、卒業後も就職はせずにお店で働き続けているそうです。 「正直な話、めちゃくちゃ売れっ子だったんです。一時期はナンバーワンだったこともありますし、大学を卒業してこの仕事に専念するようになってからは、月収200万円越えは当たり前なくらい人気がありました」 キャバクラ ところが、S子さんはもともとは目立って可愛らしいタイプでは無かったと言います。少々ぽっちゃり体型でもあり、メイクをしていない素顔は芸能人で例えるとニッチェの近藤さんをもう少し痩せさせた感じ。  ただ、お客さんから言わせるとケバケバしすぎる嬢よりも親しみやすさがあり、性格も良さそうに見えるためか「一緒にいるとホッとする」といった癒し系キャラとして人気を博していたとか。 「でも、私にはイマイチなぜ自分にそんなに需要があるのかが分からなかったんです。昔から自分のルックスにはコンプレックスもありましたし。そのせいか、同じ店の綺麗な子たちからいつも『なんなのあのブス』みたいに言われているような気がして毎日とても辛かった。  なので、頑張って貯金をして一年前に整形をしたんです。自分に自信が持てるように」

1000万円かけて全身整形し成功したのに…

 S子さんは韓国へと渡り、そこで全身整形に挑戦。アゴの骨を削り、つぶらな目を切開。小鼻を小さくしたり、鼻筋をスッと通したり、顔面に様々な細工を施しました。  また、少しお肉のついたお腹周りやももに脂肪吸引も行い、Bカップの貧乳はシリコンを入れてEカップに成長させたのです。かかったお金は、なんと1000万円とか! 「オーダーする際にお手本にしたのは、セクシー女優の明日花キララさん。彼女は私の中の完璧な理想だったんです。整形は無事に上手くいって、イメージ通りに変身することができました」 整形 意気揚々と帰国したS子さんは、源氏名も変えてまったくの別人としてキャバクラに再デビューを果たしました。  ところが、S子さんの自信とは裏腹に彼女はまったく指名が取れなくなりました。以前と変わらぬ接客で、ルックスは格段にレベルアップしたはずなのになぜ……。S子さんはアセりといら立ちから精神が不安定になっていきました。
次のページ 
再度の整形をしたいという彼女…
1
2




あなたにおすすめ