Entertainment

「ポケモン」のタトゥーを入れた世界の歌姫。なぜそのキャラを…?

 ジブリ映画を敬愛していることから、昨年夏には『千と千尋の神隠し』の主人公である千尋のタトゥーを入れたアリアナ・グランデ。また昨年暮れには、急死した元カレ、マック・ミラーにまつわるタトゥーを入れ、その死を悼んだ。  このように、特別な思いがこもったタトゥーを入れることで知られるアリアナ。今回モチーフとして選んだのは、日本のキャラクターだった。
 任天堂のゲームソフト『ポケットモンスター』のファンだというアリアナは14日(月)、インスタグラムのストーリーへの投稿で、白黒で描かれた「イーブイ」の新たなタトゥーを披露した。  アリアナはそのタトゥーを担当したタトゥーアーティストのケイン・ナヴァサールをタグ付けし、「ずっとこうしたかったの。本当にありがとう」とコメントを付けている。  一方のケインも自身のインスタグラムでその写真を公開し、「ゲーム上最高のポケモントレーナーへ」とアリアナをタグ付けした。
 アリアナのイーブイ愛はここ最近始まったことではない。2016年のハロウィンでは、当時付き合っていたマックと共にポケモンで仮装し、イーブイに扮したアリアナ。そんな大好きなイーブイのタトゥーをついに入れることができて、大満足なようだ。  このタトゥーを披露する前には、アリアナはツイッターへの投稿で休みの日に『ポケットモンスター Let’s Go! イーブイ』をニンテンドースイッチで15時間連続でプレーしていたと明かしていた。  日本好きで知られるアリアナの興味の対象は、ジブリやポケモンだけではない。日本語にも愛着があるようで、年明け早々「うたいましょう」という日本語のタトゥーをツイッターで披露し、話題となった。  また1月15日にはなんと日本語でツイート。そこには、「七つの指輪『7 Rings』 金曜日 friday」と記されており、どうやらこれからリリースされる新曲のプロモーションのようだ。驚くのは、投稿された最新画像のあちこちで、日本語が見られることだ。  映像を見てみると、車は「品川」ナンバーで、ボトルのラベルに「7つのリング」と日本語で書かれていることが確認できる。  さらに、新曲のタイトル「セブン・リングス」を「七つの指輪」と日本語で描かれたネイルアートも披露している。  日本愛が炸裂しているアリアナだが、1月18日リリースの新曲「7 Rings」に、どこまで日本の要素が盛り込まれているか楽しみだ。 <文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ