Entertainment

特撮オタクOLの姿に共感の嵐…ドラマ『トクサツガガガ』が熱い

 オタクが市民権を得た今でも、周囲に“オタバレ”しないよう細心の注意を払って日常生活を送っている人はたくさんいるでしょう。  そんなすべてのオタクが思わず共感してしまう熱いドラマが1月18日(金)にスタートしました。丹羽庭の同名漫画を原作とした、NHKドラマ10の『トクサツガガガ』です(NHK総合、金曜夜10時~)。
トクサツガガガ

NHK『トクサツガガガ』公式サイトより

特撮オタクを隠して生きてきたOL

 主人公は、商社勤めのOLで特撮をこよなく愛する隠れオタク・仲村叶(小芝風花)。いつもニコニコで「女子力」が高いと思われていますが、母親(松下由樹)が女の子らしさを好み、特撮を嫌っていたために、周囲に特撮オタクであることを隠して生きてきたのでした。  このドラマ、アクション監督やスーツアクター、声優を特撮関係者で固めていたり、劇中内に登場するヒーローや怪人の造形、ガチャポンなどのグッズも素晴らしかったりと、特撮ファンが歓喜するこだわりぶりを見せています。いっそ、一部テレ東作品以外はテレ朝の独擅場になっている特撮モノをNHKで作ってみたらよいのではないかと思えるほどです。  ところで、注目すべきは、特撮オタクだけではありません。なぜなら特撮、アニメ、鉄道、アイドル、その他諸々、あらゆるジャンルのオタクの心にズシンと響く真実が描かれているからです。  それは、叶の心の叫び「自分の好きなものを悪く言われたり、嫌われたりするのって、ものすごく怖いことなんだよ!」に集約されています。
原作マンガ『トクサツガガガ』

原作マンガ『トクサツガガガ』

オタクの気持ちをリアルに描く

 オタクは一般的に、周りの空気を読まず、自分が言いたいこと・自分の得意なことだけを一方的に早口でまくしたてると思われがち。ですが、実は所かまわず、相手も誰彼かまわず自分の話をするわけではありません。  むしろ逆に、自分から自分自身の話は積極的にしない。なぜなら、単なる世間話や、コミュ力の高い人の単なる気遣いで興味がないのに振ってくれた話題に対して「この人はもしかしてお仲間かも」と勘違いし、つい嬉しくなって相手が求めてもいないディープな話をしてしまったり、相手に素晴らしさを伝えたい熱意が行き過ぎて、ドン引きされたりする経験をしてきているからです。  だからこそ、自分の話はしないけれど、それでもやっぱり共有できる相手は欲しい。そこで、相手を見てごく稀に、ほんのチラッと趣味をのぞかせてみる。 『トクサツガガガ』においては、それが仲間に気づいてもらう「オーラ」を出すためのガチャポンのグッズでしたが、もし相手が気づき、食いついてくれたら、もう少しチラッと出す。さらに食いついてくれたら……と、野生動物のような用心深さで近づいていきます。ところが、「分かり合えるかも」と思ったとき、喜び勇んで近づいたものの、相手の反応に傷ついて、また後悔するという繰り返しです。
次のページ 
隠したいけど、ちょっと伝えたいオタ心
1
2




あなたにおすすめ