Lifestyle

お医者さんがやってる“インフルエンザ予防法”。「休む勇気を持って」

感染したかも? と思ったら、休む勇気も必要

――前回、インフルエンザはきちんと治療すれば治る病気であるとの一方で、死に至る可能性にも言及されていました。今年も多くの重症患者や死亡者が出ていますが、そうならないためにはどのようなことに気を付けたらいいでしょうか? インフルかと思ったら会社を休む大谷「インフルエンザは短時間で急激に症状が進行するので、気を付けようがないというのが実際のところです。ただ、強いて言うなら、『少しでもインフルエンザの疑いを感じたら、学校や会社を休む勇気を持つ』ということですね。  突然高熱が出て、判断力の低下や意識が朦朧とするなどの危険が伴うからです。先日も電車での痛ましい事故がありましたが、意識を失って倒れたり、フラついて車に撥ねられたりと、似たようなケースは多数あるんですよ。  あと、無理をすると、肺炎を合併して死に至る可能性もあります。肺炎は高齢者に多いですが、若い人でも0.8%との発症率が報告されています」 ――無理をすると、脳症になったりすることもありますか? 大谷インフルエンザ脳症の定義は、インフルエンザに伴う異常行動、意識障害ですが、10歳未満のお子様に多く、大人での症例は稀にしかありません。脳症になった子どもの約3~4割は死亡か後遺症が残ったとのデータもあるので、幼いお子様のいるご家庭は十分気を付けてほしいと思います」 インフルエンザで倒れる女性――インフルエンザを軽く見てはいけないんですね。 大谷「インフルエンザは、風邪と違って死にうる病気だということを念頭に置いておいてほしいと思います。もし罹ったら、周囲へ移さない意味でも、自分の身を守る意味でも、自宅でおとなしく寝ているのがいちばんです。  もしインフルエンザの疑いを感じたら、数時間は家で安静にして、検査で反応が出る6~12時間くらい経ってから、医療機関に問い合わせてほしいと思います」 ====  インフルエンザが流行中ですが、「咳が長引いて治らない」「いったん咳が出始めるとなかなか止まらない」という症状に悩んでいる人も増えているとか。もしかしたら隠れインフル、咳ぜんそく、まれに肺炎・結核・肺がんなど怖い病気が隠れていることもあるそうです。そんな長引く咳は、大谷先生監修の書籍『止まらない咳を治す!』を参考にしつつ、早めに診察を受けましょう!
止まらない咳を治す!

『止まらない咳を治す!』大谷 義夫 (監修) 

<取材・文/千葉こころ> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
千葉こころ
ビールと映画とMr.Childrenをこよなく愛し、何事も楽しむことをモットーに徒然滑走中。恋愛や不倫に関する取材ではいつしか真剣相談になっていることも多い、人生経験だけは豊富なアラフォーフリーライター。
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ