Entertainment

始まりは出会い系?美人女優が難病の恋人と極秘結婚していた

 2008年から放送開始された人気ドラマ『トゥルーブラッド』で若く美しいバンパイアを演じ、一躍ブレークした女優デボラ・アン・ウォール(34)が極秘結婚していたようだ。

 デボラと11年もの間交際を続けてきた恋人EJ・スコットが10日(日)、2人が昨年12月に結婚したことをインスタグラムで報告。お揃いの花輪を頭に載せたデボラとのツーショットやゴルフカートで撮ったとみられるセルフィーを投稿した。


デボラと僕は12月に駆け落ちしたんだ。交際11周年にね! 僕らにとって美しくもあり、完璧なものでもあった。もしコロイデレミア・リサーチ・ファウンデーションへの寄付に興味があれば、www.curechm.orgまで宜しくお願いします。追伸、僕らはまだお互いに恋人と呼び合っているんだ。お互いにその方が大好きなんでね。彼女のことをミセスなんて呼ばないでくれよ。宜しく」

 実はスコット、失明の原因となるコロイデレミアという遺伝性の疾患(先天性脈絡膜欠如)を患っている。ネットフリックス版ドラマ『デアデビル』で、陰のある主役のヒーローを支えるヒロインを演じていたデボラだが、私生活では恋人スコットをサポートし続けてきたのだ

 そんな2人の絆は強い。

 デボラの誕生日だった7日(木)、スコットは「最愛の人へ、誕生日おめでとう! デボラ、君なしでの人生なんて考えたくもない。愛してるよ!」と2人のツーショット写真と共に投稿していた。


 一方のデボラも昨年11月、スコットの誕生日に彼と一緒に過ごせることの素晴らしさを語りつつ、失明と戦っている人たちへの支援基金に対する寄付を呼び掛けた

「スコット、あなたと人生をシェアできることをとても誇りに思っている」

「あなたは優しいし、面白いし、今でも毎日一緒にいたいと思える人。素敵な日を過ごしてね! 彼がファイティング・ブラインドネスへの募金目標金額に達するよう、協力お願いします!」

出会い系から始まった純愛。難病に立ち向かう2人の軌跡とは


 2人の出会いはなんとインターネットの「出会い系」。ドラマの中では、男性を誘惑する魔性の女を演じていたデボラだが、女優として成功するために下積み生活を送っていたころは、地味な私生活だったという。出会い系サイトに登録したデボラは、当然のことながらたくさんのアプローチを受けたようだが、なかでも堅実そうなスコットに興味を抱くように

 連絡を取り合ううちに交際に発展した2人は、遠距離恋愛も乗り越え、着実に愛を育んできた。出会った当初からスコットは自らが抱える病について打ち明けていたというので、その実直さもデボラには新鮮だったのかもしれない。


 弟とともに、コロイデレミアであると診断されたというスコット。事実を知りいっときは落ち込んだようだが、一念発起し、元々目指していたコメディアンの道を目指すように。その夢がかなった今では、有名となった自らの知名度を使って、同じ病を抱える人々をサポートすべく寄付金集めを積極的に行っている。

 スコットは2012年、目隠しをした状態で12の州をマラソンするというチャリティーに挑んでおり、その様子はドキュメンタリー映画『ランニング・ブラインド』に収められている。12カ月連続で各地を巡るというそのチャリティーマラソンは非常に過酷だったが、そのときも「彼はきっと成し遂げられる」とそばで支えたのがデボラだった。

 力を合わせて難病にも向き合ってきた2人。末永く幸せに暮らしてほしい。

<文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>




あなたにおすすめ