Lifestyle

女性は仕事のプレッシャーで太りやすくなる。最新研究で明らかに

 職場で仕事量やプレッシャーが増えると、暴飲暴食に走る…。そんなドツボにハマり、体重がぐんぐん増えてしまった方はきっと少なくないはず。しかも女性の場合、男性に比べ仕事のプレッシャーで太りやすいということが最新の調査で明らかになったんです。

仕事のプレッシャーが体重増加の要因に

 スウェーデンのヨーテボリ大学の研究者たちが発表した最新の実験は、仕事と体重の関連性について、男女3,872人を対象に、30歳~50歳まで、40歳~60歳までの、各20年間にわたって3回調査を行いました。
女性は仕事のプレッシャーで太りやすい

写真はイメージです(以下同じ)

 その結果、新しいことを学ぶ頻度、担当の仕事や進め方を自分で決めらるかなど、裁量できることが少ないとき、男女どちらも10%以上体重が増加しやすい傾向があることがわかりました(2018年12月、「International Archives of Occupational and Environmental Health」に発表)。  さらに長期間で見てみると、仕事で強いプレッシャーを感じていた女性は、プレッシャーが少なかった女性に比べると、20年間で約20%も体重の増加が見られたのです。これは、女性の学歴や食事内容、ライフスタイルといった要因には一切関係ありませんでした。  そして、男性の場合は長期間で見ると仕事のプレッシャーと体重変化には関連性は見られなく、仕事の影響で体重増加の危機に陥りやすいのは女性特有のようなのです。 仕事のストレスで暴飲暴食する女性 仕事が忙しくなったり、大きなストレスを抱えたりすると、食欲のコントロールがうまくできず体重管理も難しくなってしまうもの。ダイエット成功も体重維持も、余裕のある生活と健康なメンタルがあってこそ成り立つものなんですよね。  そして、健康なメンタルのために、もうひとつ気をつけたいのがSNSです。スタンフォード大学の研究者たちが2,844人のFacebookユーザーを対象に、心身の健康やライフスタイルについて聞き取り調査を実施。そのうちランダムに選んだ半数に、4週間Facebookを使用せずに過ごしてもらうという実験を行い、驚きの結果が出たのです。
次のページ 
Facebookの使用をやめたら◯◯◯がアップした
1
2




あなたにおすすめ