Entertainment

存在が奇跡。「ディカプリオの再来」と噂される美青年に大女優もメロメロ…

 いま“最もホット”な俳優として注目を集めているティモシー・シャラメ(23)。その端正な顔立ちから「なんて美青年なの…」と人々を魅了しまくっているティモシーだが、それはファンの間だけではないようだ。  ハリウッドでも最近引く手あまたの俳優となっているティモシーだが、その人気は作品内にとどまらず、俳優たちの中からも絶賛の声が次々と挙がっている。最近では、今年度の賞レースで最も注目されているベテラン女優のグレン・クローズもぞっこんなようで、2人で撮ったセルフィーを集めるほどだそうだ。
 映画『天才作家の妻40年目の真実』で主演をつとめるグレンは12日(火)、先日行われた英国アカデミー賞で撮ったティモシーとの写真をコメント付きで投稿した。 「英国アカデミー賞でこんな人に出くわしちゃった! 私たちいつも一緒に写真を撮っては、それを(女優の)グレース・ヴァン・パットンに送っているの。私が最近共演したグレースは、ティモシーと同じ学校に通っていたの。ハイ! グレース。」  ティモシーとのセルフィーを集めているというグレンは、これまでも2人で撮った写真をインスタグラムにたびたび投稿している。
 また、最近クック・マロニーとの婚約が明らかになったハリウッド最強のモテ女優ジェニファー・ローレンスも昨年、ティモシーに惹かれていたことを告白していた。 「こんなこと言っても大丈夫かしら? 彼はもう18歳になってる?」 「『彼って素敵!』って騒いで、もし15歳だったらちょっとね…」と笑いながらも、こんなふうに語っていた。 「彼がそんなに若いなんて思わなかった。すごく才能がある上に素敵なんだもの。彼が30歳になったらアプローチするから。それまで待っててと伝えて!」
 すでに恋人と婚約したとされるジェニファーからアプローチを受けることはないかもしれないが、他にもティモシーに熱い視線を送っているセレブが。映画『レディ・バード』で共演し、次回作『リトル・ウーマン』でも再共演する女優シアーシャ・ローナンも、ティモシーの大ファンであると明言している。

外見だけではない! ティモシーが支持される理由

 フランス人の父、元ブロードウェイのダンサーであるアメリカ人の母のもとに生まれたティモシー。ニューヨークで生まれ育ったが、フランス国籍とアメリカ合衆国の二重国籍を有している。姉もフランスで活躍する女優。  幼少期からCMに出演し、子役として映画やドラマ、舞台でも活躍していたというティモシー。2017年の映画『君の名前で僕を呼んで』でその演技が絶賛され、第90回アカデミー主演男優賞にノミネートされた。
君の名前で僕を呼んで

ティモシーが大ブレイクするきっかけとなった映画『君の名前で僕を呼んで』 ※画像はアマゾンより

 17歳と24歳の青年の切なくも美しい恋を描いたこの映画で、17歳の主人公エリオを演じたティモシーは、世界中の映画ファンを魅了し大ブレイク。一躍大注目の若手俳優となった。  同じく2017年に公開され、批評家から高い評価を受けた映画『レディ・バード』にも出演したティモシー。この作品で主人公の少女が心奪われるバンドマンを演じ、『君の名前で僕を呼んで』に続き話題作での名演が注目された。
君の名前で僕を呼んで

『君の名前で僕を呼んで』のワンシーン。 ※画像はアマゾンより

 高い演技力と美しい容貌から「ディカプリオの再来」ともいわれているティモシー。最新作の映画『ビューティフル・ボーイ』ではドラッグ依存と闘った主人公の青年時代を演じ、その演技力が高く評価されている。  日本でも4月12日から公開が予定されているので、気になるファンは要チェックだ。  ここまで有名俳優となると注目されるのが私生活。学生のときには、マドンナの長女ローデス・レオンと交際していたと伝えられている。  さらに、ジョニー・デップとヴァネッサ・パラディの長女リリー=ローズ・デップとのデート現場が目撃されたこともあるという。  現在はシングルなのか、レッドカーペットを共に歩くのはもっぱら母か姉。ファンだけでなく、同業者の女優たちからも愛されているティモシーが近い将来、どんなパートナーを伴ってレッドカーペットを歩くのか楽しみだ。 <文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ