Entertainment

「全裸写真」騒動の大物カップルついに婚約。婚約指輪の値段にのけぞった

 イギリスを代表するイケメン俳優オーランド・ブルーム(42)と、「世界でもっとも稼いだ女性ミュージシャン2018」ランキング1位のケイティ・ペリー(36)。2016年から交際を開始したこのビッグカップルは、全裸写真が激写されたり、破局したかと思えば復縁したりと、なにかと注目されてきた。  そんな2人がついに、14日(木)のバレンタインデーに婚約した。
 顔を寄せ合ったツーショット写真をお互いのインスタグラムに投稿した2人。この写真で注目されたのが婚約指輪だ。ピンク色のストーンを小さなストーンが囲むお花形のリングは希少価値が高く、専門家は5億円と推定している。 「クラスターリング」と呼ばれるこのデザインは19世紀後期、イギリスやフランスで流行したもの。かつてダイアナ妃が身に着けていた婚約指輪もクラスターリングで、現在はキャサリン妃がその形見を受け継ぎ、身に着けている。  さらに、前妻ミランダ・カーにも同じようなクラスターリングを贈っていたことも話題となっている。オーランドの名前ブルーム(花が満開)にちなんで、お花形のリングにこだわっているのだろうか?    さて、バレンタインに求婚するあたりが、さすが色男だと思わせるオーランド。今回のプロポーズにケイティは驚いていたというが、結婚についてすでに2人は話し合っていたという。
 一度は破局したものの、最近は復縁がささやかれていた2人について、関係者はこう語る。 「2人はしばらくの間、婚約について話し合ってきました。別れを経てヨリを戻して以来、ケイティはオーランドとの関係が今回はとても安定していると感じていたんです。お互いのことを一番に考えてきましたし、強い関係を維持するために文字通り世界を一緒に飛び回っていました」 「(元夫の)ラッセル・ブランドとの離婚後、ケイティは落ち込んでいました。ですから、再婚は大きなことなんです。2人の友人や家族は、とても喜んでおり、興奮しています」
「2人は素晴らしいカップルです。カップルとしてうまくいくかどうか時間をかけて確かめました。当初から結婚を望んでいたのですが、簡単なことではありません。お互いにここまでの絆を築けたことを誇りに思っています。皆、婚約にとても感激しています」

ビーチリゾートでオーランドの全裸姿が激写され大騒ぎに

 交際・破局・復縁を経て結ばれたオーランドとケイティ。そんな2人を表しているのか、オーランドは14日に「本物の愛は、依存によってではなく、自分自身をしっかり持った人間同士の間で育まれる」という言葉をインスタグラムに投稿。
   これは、オーランドが信仰する創価学会インターナショナル(SGI)の池田大作氏の言葉を引用したものだという。再婚同士の2人が紆余曲折をへて、幸せをつかんだいま実感していることなのかもしれない。  そんな2人は、できるだけ早く子供を作りたいと考えているようだ。関係者はこう語っている。 「ケイティは今年、仕事を控えています。2人は出来るだけ早く結婚して、家庭を持ちたいようです。2人とも子供を望んでおり、これを優先にするとみられています」  ケイティとオーランドといえば数年前、イタリアのビーチリゾートでバカンスを過ごしているときに、オーランドが全裸でボートを漕いでいる様子が激写され大騒ぎになったことも。際どい部分は隠されていたものの、その写真はネットを駆け巡り、世界中が大興奮に包まれた。  さらに、オーランドが出演する舞台の宣伝動画がインスタグラムに投稿された際には、ケイティが「あなたのお尻のシーズンパスが必要だわ」と意味深コメント。DMに送るつもりが誤爆してしまったそうだが、その舞台でオーランドが生のお尻を披露するシーンがあることから、ケイティの妄想が炸裂して出てきたコメントのようだ。  このように下ネタの話題を提供してきてくれた2人なら、子宝に恵まれる日もそう遠くはないのでは?! 吉報を楽しみに待ちたい。 <文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>




あなたにおすすめ