Entertainment
Lifestyle

こんまりブームのアメリカで「料理まで片付けている!」と日本流盛り付けが話題

 片付けコンサルタントの“こんまり”こと、近藤麻理恵さんのアメリカでの快進撃が止まりません。


 今年1月のNetflixシリーズ『KONMARI ~人生がときめく片付けの魔法~』の配信以降、アメリカで大注目されているこんまりさんですが、今度は「食事まで片付けている」と報じられ、その食生活まで話題になっています。

野菜さえも上品に片付いている!米メディアこんまりフード絶賛


 こんまりメソッドがアメリカで再熱し、ニューヨークなど大都市の古着屋には今もときめかない大量の洋服が持ち込まれ、店はその対応に追われているようです。

 そんな中、アメリカのメディアが新たに注目したのはこんまりさんのインスタグラムに投稿されていたフード写真。


 BravoTVが運営するサイト『ザ・フィースト The Feast』は「こんまりは食事まで片付けている」と紹介し、写真と一緒に「花と一緒に芸術的に飾り付けられたサンドイッチ」と紹介。


 おにぎりと一緒に野菜や卵焼きが盛られたワンプレートディッシュの写真は、「ただの野菜さえも上品に片付いている」「色彩豊かで考え抜かれたアレンジ。星型に野菜を切るなんて!」と絶賛しました。

『トゥデイ・フード Today Food』の取材に対し、「料理を綺麗に盛り付けることにもときめきを感じる」と答えたこんまりさん。


 日本人の私たちにとっては、彩りや盛り付け方など料理の見た目にこだわるのは取り立てて騒ぐことではありませんが、ハンバーガーにポテトフライ、ステーキにコーンなど、見た目よりもボリュームを大事に生きて来た人が大半のアメリカ大陸において、その行為はとても新鮮に見えるよう。

 これで驚いて頂けるなら、こんまりさんが子どもたちのためにキャラ弁なんて作った日には腰を抜かすほど感動してくれることでしょうね。

トラブル片付け人としてアカデミー賞にも招待?パロディ動画も


「片付け」を表す英語動詞になってしまったKonmari(こんまり)さん。今や彼女の名前をアメリカのメディアで見ない日はありません。

 先日も米アカデミー賞に招待されていましたが、彼女がレッドカーペットを歩く姿に世界中の映画ファンが「片付け本の著者がなぜ?」「前世でどれだけの徳を積んだらその場に行けるの!」と羨望の眼差しを向けたとか(筆者もその一人)。


 しかし、『タイムTIME』によると、開催前からトラブル続きだった今回のアカデミー賞にこんまりさんが呼ばれるのは「必然だ」と思った人が意外にも多かったそう。

 レッドカーペットの中継中、「ありがとうコンマリ! この惨状を片付けに来てくれたのね」「マリエ・コンドウがオスカーにいる。当然だよな、彼女は片付けが好きなんだもの」と、冗談とも切実な願いとも取れるツイートが飛び交ったといいます。

 また、2月中旬にはセレブと車中で熱唱する「カープール・カラオケ」コーナーが人気のCBSのトーク番組『ザ・レイト・レイト・ショー』でも、こんまりメソッドを扱ったパロディ動画を放送。



 司会者ジェームズ・コーデンがアクションスターのジャン=クロード・ヴァン・ダムを引き連れてカップルの家を訪問し、スパークジョイしない(ときめかない)ものを片っ端から粉々にしていくという動画はユーチューブにもアップされ、現在までに36万回以上視聴されています。

Sources:「The Feast」「Today Food」 「Time

<文/アメリカ在住・橘エコ>
⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

橘エコ
アメリカ在住のアラフォー。 出版社勤務を経て、2004年に渡米。 ゴシップ情報やアメリカ現地の様子を定点観測してはその実情を発信中。




あなたにおすすめ