Entertainment
News

映画サイトが次々コメント欄を閉鎖?ヘイトや炎上でついに…

人気映画レビューサイト『ロッテン・トマト』

人気映画レビューサイト『ロッテン・トマト』

 批評家や観客がその映画を支持しているかどうかを、「フレッシュ(新鮮)」か「ロッテン(腐った)」かトマトに見立ててひと目で分かるように表示するシステムが人気のアメリカの映画レビューサイト『ロッテン・トマト』。


 このサイトから公開前の作品に対するコメント欄が消えることになり、その理由が波紋を呼んでいます。

女性ヒーロー映画への差別的コメント殺到でコメント欄封鎖


『ロッテン・トマト』はこのほど、観客の公開前の期待度をパーセンテージで表す「Want to See(観たい)」と、それに付随するコメント欄を封鎖しました。

 その原因は、アメリカでは3月8日公開予定(日本は3月15日公開予定)の『キャプテン・マーベル』のコメント欄に偏(かたよ)った意見が集中し、同作の評価が著(いちじる)しく下がってしまったため。

Entertainment Weekly (February 22, 2019)The Ultimate Guide to Captain Marvel

Entertainment Weekly (February 22, 2019)The Ultimate Guide to Captain Marvel

『ワイアード Wired』によると、すでに削除された同作のコメント欄には公開前にもかかわらず、「ゴミみたいな映画」「女のヒーロー映画なんて絶対に観ない」「もうプロパガンダ映画はこりごり」など、マーベル映画初の女性ヒーローに対するヘイト感満載の荒らしコメントが相次いだそう。

 過去にも公開前の作品に辛口コメントが付くことはありましたが、作品の質に対する不安や駄作ばかり作り続ける監督やプロデューサーに対する不満から来るものが大半でした。

 しかし、今回のコメントの多くは明らかに差別的。悪意あるコメントが目立ったこと、また、ポリティカリーコレクト(政治的・社会的に公正中立な立場を取る)が叫ばれるアメリカの時流を汲んだこともあって、コメント欄の封鎖を余儀なくされたのでしょう。

『キャプテン・マーベル』観客評価だけでなく批評家からの評価やコメントも消えたままに。※ロッテン・トマトより

『キャプテン・マーベル』観客評価だけでなく批評家からの評価やコメントも消えたままに。※ロッテン・トマトより

 封鎖の対象は公開前の観客からのものに限るとされていましたが、炎上が飛び火することを恐れてか、3月4日現在、『キャプテン・マーベル』に限っては批評家からの評価やコメントも消えたままになっています。

次のページ 
IMDbやNetflixもコメント欄を削除!表現の自由は?

1
2




あなたにおすすめ