Love

あなたは大丈夫?婚活疲れチェック。LINEが面倒になったら要注意

LINEの返信が憂鬱(ゆううつ)になった時点でアウトに!

 私は結婚相談所以外にも、時々ネット婚活や婚活パーティーを活用しています。ネットやパーティーで意気投合した人とはLINEを交換し、マメに連絡を取り合います。  でも、最初は楽しく感じていたLINEのラリーも、だんだんしんどく感じてくるのです。おはよう、おやすみといった毎日の挨拶、今日は何をしていたという報告。まだ付き合ってもないのに必要? と思ってしまう。きっと、そう思ってしまった時点で、相手への興味が薄れつつあるのでしょう。好きな相手からの連絡だったら、どんな内容でも嬉しく感じるはずなので。 好きな人からのLINE LINEが来ても嬉しくない。返信が面倒だと感じてしまう。その時点で、相手を好きになれる可能性はかなり低いと思います。惰性(だせい)で連絡を取り続けるとストレスが溜まり、婚活疲れが悪化する要因に。

真っ先に欠点が目に付く人は好きになりにくい

 婚活相手の長所より欠点が目に付いてしまう。これも婚活ではよくあることです。  お見合い中、鼻毛が出ていた、歯が茶色かった、髪の毛がボサボサだった、シャツがヨレヨレだった…etc。私はわりと外見的なことが気になりやすいです。 欠点が目につく また、話がつまらなかった、会話が盛り上がらなかった、声がボゾボソと聞き取りにくい、声が大きすぎる、といった初対面の会話で減点してしまうことも。  さらに、きっちり割り勘だった、お店選びのセンスが悪い、待ち合わせ時間に遅刻してきたなどの行動でマイナス評価になることも。  人は誰しも、いいところと悪いところを持ち合わせています。疲れ切っていると、良い面よりも悪い面が気になりやすいです。心に余裕を持って婚活をすることで、相手の長所が見えやすくなるのではないでしょうか。
次のページ 
婚活のことを考えて気が重くなったら黄信号!
1
2
3
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ