Love

1人で生きていける。それでも婚活を続けたい41歳女性の胸のうち

アラフォー婚活の現実 Vol.38】  アラフォー婚活ブロガーのRikakoです。25歳から漠然と結婚したいと思っていた私も、気づけばもう41歳……。今まであらゆる婚活を試してみましたが、ことごとく上手くいきませんでした。婚活が上手くいかなかったのは、本気で結婚する覚悟がなかったせいかもしれない。今回はなぜ私が結婚したいのか、とことん考えてみようと思います
結婚式 指輪

写真はイメージです(以下同)

周囲から、結婚願望のない女だと思われやすい

 私が37歳で結婚相談所に入会したとき、両親にそのことを報告しました。すると両親には「本気で結婚する気になったの?」とすごく驚かれました。私がアラサー年代の頃は、両親は帰省するたびに「結婚しないの?」と聞いてきました。しかし、35歳を過ぎたあたりから、全く何も言わなくなったのです。私は生涯独身を貫くと、思いこまれていたようです。  両親だけでなく、友人の中にも私が結婚願望のない女だと思い込んでいる人は多いです。新年の挨拶に「今年こそ結婚したい!」とLINEをしたら、「Rikakoは結婚願望ないと思ってた!」と返ってきたこともあります。  女子会で散々婚活エピソードを話していたのにも関わらず、私が本気で婚活をしていると思っている友達は少ないのです。最近は「ブログのネタのために婚活しているんでしょ?」と言い出す人さえいます…。 女子会 Rikakoが今まで結婚しなかったのは、その気がなかったから。私の周りには本気でそう思っている人が多いのです。私自身、こんなにも日々頑張って婚活を続けているのに!  では、何のために結婚したいのか? と自問すると、すぐに答えは出てきません。今の自由気ままな独身生活のほうが自分の性に合っている気がするのです。それでも、私が結婚したい理由は何なのでしょう。

30代までは、子どもが欲しくて婚活をしていた

 私が本気で結婚を焦るようになったのは30代半ば。妊娠・出産のタイムリミットが近づいてきたからです。でも、婚活市場では「33歳の壁」が存在します。子供が欲しい男性は、自分の年齢関係なしに33歳までの女性を希望するケースが多いのです。  私が本格的に婚活をスタートさせたのは37歳。妊娠・出産のリミットを考えると、この年齢で焦り出したのは遅かったと思います。それでも、30代のうちは、まだ今からなら間に合うかもしれないと思っていました。  でも、40歳を過ぎると、子どもが欲しいという願望がスーッと消えてしまいました。現在も完全に諦めたわけではないけれど、子どものいない人生でも幸せになれる。そう思えるようになりました。そして、子どもがいなくても夫婦二人で楽しく生きていくために、「大好きな人」と結婚したい!と、心底願うようになったのです。
次のページ 
結婚しても不安は拭えない
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ