Gourmet

捨てちゃうの?「皮」ごと食べたい食材5選。ダイエットにも効果あり

 人参、りんご、キウイ……。普段は「皮をむく」のが当たり前だと思っている食べ物って、ありますよね。ダイエットや美容のことを考えると、果たして、本当にむいて食べるのが正解なのでしょうか? りんご 今回は、皮をむかずに食べる価値のある食材を5つ厳選し、皮に宿る「価値」について考えてみたいと思います。 人参、りんご、キウイ(皮)

①根菜類「ダイコン、ニンジン、カブ」は少しの工夫で

ダイコン、ニンジン、カブ まずは、多くの人が皮をむいて調理をしているであろう「根菜類」。「皮には栄養が詰まっている」とよく言われていますが、その実力がどの程度なのか、それぞれ比較をしてみましょう。 ●ダイコンのビタミンC含有量(100gあたり) 皮付き→66.6mg 皮なし→61.0mg ●ニンジンのβカロテン含有量(100gあたり) 皮付き→6900μg 皮なし→6700μg ●カブのカリウム含有量 皮付き→1400mg 皮なし→1190mg ※日本食品標準成分表2015年版(七訂)より  この差をどう捉えるかですが、皮付きの方が美容・健康効果が期待される栄養素の含有量は秀でていることは、紛れもない事実のようです。  つまり、皮ごとおいしく食べることができたらいいですよね。ちょっとの工夫で違和感なく食べることができますから、以下のように、やりやすいものからチャレンジしてみてください。 ・ダイコン→皮ごと大根おろしにする。(食べる直前にすりおろすこと) ・ニンジン→皮ごと細切りにして、野菜炒めやきんぴらに。 ・カブ→浅漬け、サラダ、味噌汁などに。
次のページ 
キウイはグリーンよりも…?
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ