Fashion

久本雅美に学ぶ、個性的なコーデをおしゃれに“まとめる”コツ

 こんにちは、ファッションスタイリスト&ライターの角侑子(すみゆうこ)です。オシャレな着こなしのヒントというのはときに日常のちょっとした所からヒントを得ることがあります。例えば、街中ですれ違った女性の素敵な着こなしを参考にしたり、たまたまテレビで観た芸能人のコーディネイトがすごく好みだったり。  とくに芸能人の方々のファッションコーディネイトはほとんどがプロのスタイリストによるものなので、着こなし方のバランスや色使いなど非常に参考になりますよね。
日本テレビ『メレンゲの気持ち』公式サイト

※日本テレビ『メレンゲの気持ち』公式サイトより

 なかでも、20代~50代と幅広い女性からファッションセンスに関して高い評価を受けている芸能人が、マチャミこと久本雅美さん。もともと美しいルックスにスタイルの良い久本さんなのでどんなお洋服も難なく着こなせるという利点がありますが、他の芸能人の方と大きく違うのは個性的なアイテムを使っているのに、奇抜過ぎないオシャレであることなんです。  同じ着こなしをして街中を歩くと「やや派手かな?」という印象を与えますが、全身のコーディネイトバランスが絶妙なので悪目立ちすることなくまわりから賞賛を得られやすい着こなしになるので、ぜひ皆さんにも彼女のファッションを真似ていただけたらと思います。そこで今回は、久本雅美さんに学ぶファッションコーディネイトのポイントを解説いたします。

久本雅美コーデのキホン「60’sのレトロ柄アイテム」

 久本さんのファッションには流行にとらわれないベースとなるテーマがあると見受けられます。それが、1960年代を彷彿とさせるレトロクラシックスタイルです。 ファッションポイント 例えば他のモデルさんや女優さんであれば、その年の流行となっているアイテムをメインにおくコーディネイトが多いのですが、久本さんの場合は流行アイテムを取り入れることよりも、久本さんらしいレトロな色・柄・デザインであるかがコーディネイトにおいてより大事にされていると感じます。その久本さんらしさというのが1960年代で流行したサイケデリック、宇宙ルックと言われるメリハリの効いたカラフルファッションなのです。  久本さんといえば、ドット柄、ストライプ、チェックやレオパードといった柄の主張が強いアイテムが必ずどこかに盛り込まれているイメージはありませんか? その柄アイテムに加えて、グリーン、イエロー、レッド、パープル、オレンジといった60年代に流行したカラーアイテムが取り入れられています。なので、久本さん風のコーディネイトを試したい時は、柄アイテム1点と主張の強いカラーアイテムを組み合わせるだけでそれっぽくなります。

外せないのは小物使いとヘアアレンジ

 また、久本さんのファッションにおいて特筆すべき点がもう1つあります。それは、小物使いが非常に秀逸であること。とくにポイントは、ピアス・イヤリングもしくはネックレスです。司会業も多い久本さんは、耳元もしくは胸元に視線がいくような大振りのアクセサリーを1点以上取り入れていることが多いです。 小物使いがおしゃれ オールシーズン使えるパールアクセサリー、春夏はカラフルなプラスチック素材のアクセ、秋冬ならばファーピアスと季節に合わせた素材で小物コーディネイトも楽しんでいます。上半身にボリュームのあるアクセをつけることが多いので、反対にブレスレットや指輪といった手元のアクセサリーは意外に少なめ。  コーディネイトの見せ所を1点に絞った引き算コーデが含まれているので、うるさすぎない印象を与えるのですね。これは、非常に参考になります。  またヘアアレンジもベリーショートにも関わらず、バラエティに富んだアレンジをこなしています。皆さんも帽子やターバンといったヘアアクセサリーも活かして、全身コーデに気合いを入れてみてはいかがでしょうか?
次のページ 
オシャレな60歳を目指して
1
2
Cxense Recommend widget
【ファッションのお悩み募集!】
ファッションスタイリスト&ライターの角侑子さんが、あなたのファッションの悩みにお答えします。相談したい方は、こちらのお問い合わせフォームまで、お名前はハンドルネームまたは匿名希望、題名の冒頭に【ファッション相談】を入れ、お送りください。コーディネートのこと、体型カバーのことなど、ファッションに関することであれば何でもOKです。
※相談内容の一部を変えて取り上げさせていただく場合がございます。


あなたにおすすめ