Fashion

短足さん、大尻さんでもスキニーパンツは履ける。美脚見せのウラ技3つ

 こんにちは、いつまでたっても下半身の太さに悩まされているファッションスタイリスト&ライターの角侑子(すみゆうこ)です。  気になる体型をカバーすべく、今やほとんどワイドパンツがメインとなっていますが、たまにはスキニーパンツを履きこなしたい。同じく下半身太りにお悩みのみなさんもそう思いませんか? そこで今回は、お尻が大きくたって、足が短くたって大丈夫! スキニーパンツで作る美脚コーデのコツをご紹介いたします。

1:「自分にとって」美脚効果の高いパンツを入手する

 美脚に見えるコーディネイトにおいてもっとも大事なのは、良質なスキニーパンツを手に入れることです。ここでいう良質なスキニーパンツというのは、価格の高いものということではなく、ご自身の脚のウィークポイントをカバーしてくれるパンツということです。簡単ではありますが、脚および下半身の悩み別におすすめできるスキニーパンツを以下のポイントでまとめましたのでご参照ください。 美脚効果の高いパンツ・太ももが太い……ワタリ(太もも)の色が濃くなっている立体感があるデニム ・お尻が大きい……バックポケットが大きめのパンツ ・足が短い……ハイウエストタイプのパンツ ・O脚……センタープレス加工のあるパンツ ・腰が張っている……テーパード寄りのスキニーパンツ  下半身のお悩みによっては、どんなに頑張ってもスキニーパンツが鬼門である場合があります。例えば、腰が張っている方にとってスキニーパンツのタイトなラインはどうカバーしても難しいものがありますよね。なので、トップスとの組み合わせで腰の張っている部分をカバーするかもしくはテーパード(足首に向かって細くなるシルエットのパンツ)に近いシルエットのスキニーパンツを選ぶ必要があります。  全てのお悩みに対応できるアイテムを探すのは至難のワザなので、とくに悩ましいパーツをカバーしてくれるアイテムを優先的に選びましょう。その他のパーツはできるだけコーディネイトの組み合わせでカバーしていくのです。

2:ジャケットはお尻が半分以上隠れる丈を

 選ぶスキニーパンツで体型カバーができることもありますが、それだけでは心もとない点もありますよね。先にもお伝えしたように多くの方は、下半身に関してのお悩みは1つだけではないはず。  そこで目の錯覚を活かしたコーディネイトテクニックが必要になるのです。おおむね、トップス・アウターの組み合わせが重要になってくるので、これまで組み合わせるアイテムに意識をおいたことがなかった方はぜひ実践してみてくださいね。  まず、組み合わせるジャケットは基本的に丈の長いものが望ましいです。ミドル丈のジャケットを合わせる場合は、お尻が半分隠れる程度の丈の長さを意識して選んでください。ヒップトップの境目あたりの丈を選ぶことで、部分的にお尻が隠れてスッキリした印象を見せることができます。 ジャケットはお尻が半分以上隠れる丈を お尻が垂れている、太ももが太くて悩んでいるという方はミドル丈ではなくロング丈のアウターを選びましょう。ゴールデンバランスが取れるのは、太ももの中心部分に位置する丈です。太い箇所を部分的にカバーすることで後ろから見てもスッキリした印象を与えることができるのです。
次のページ 
ロングカーデを着るならヒールパンプスを
1
2
Cxense Recommend widget
【ファッションのお悩み募集!】
ファッションスタイリスト&ライターの角侑子さんが、あなたのファッションの悩みにお答えします。相談したい方は、こちらのお問い合わせフォームまで、お名前はハンドルネームまたは匿名希望、題名の冒頭に【ファッション相談】を入れ、お送りください。コーディネートのこと、体型カバーのことなど、ファッションに関することであれば何でもOKです。
※相談内容の一部を変えて取り上げさせていただく場合がございます。


あなたにおすすめ