Fashion

パーカーにダッドスニーカー、大人にはムリ?90’sファッションを取り入れるコツ3つ

 こんにちはファッションスタイリスト&ライターの角侑子(すみゆうこ)です。令和が始まり、いよいよ新しい時代の幕開けですね。ファッションのトレンドもまさに絶妙なタイミングで90’sファッションがブームとなっています。
90’sファッション

90’sファッション 画像:WEAR

 ぜひその流行の波に乗っていきたいところですが、アラサー&アラフォーの皆さんにとって90’sのファッションというのはどうも子ども時代を感じさせるいわば「微妙に古くて懐かしいファッション」そのものなんですよね。リアル世代であったアラサー&アラフォー女性たちが90’sファッションを間違って取り入れると……妙な生っぽさを感じさせてしまいます。  そこで今回は、90’sを上手に今っぽく。そして大人の女性に似合う形で取り入れるための必須ポイントをご紹介いたします。

ビッグサイズのパーカーをこう着る

 90’sファッションといえば、ストリートファッションがムーブメントを起こしていた時代。ダボダボのパーカーにカーゴパンツを合わせたスケーターファッションなんかは男性のみならず女性にも人気が高かったスタイルです。
ビッグサイズのパーカー

ビッグサイズのパーカー 画像:WEAR

 今年の春夏も引き続き、ビッグシルエット・オーバーサイズのパーカーやスウェットが根強い人気を出していますし、90’sスタイルに合わせてボトムもダボっとしたアイテムを取り入れている若者も多いですね。しかしアラサー&アラフォー女性は、メリハリをつけることが大事です。なので、ビッグサイズのパーカーを合わせる際は、すっきりとしたスキニーのブラックパンツや、細身のストレッチスカートにレギンスといったコンパクトなボトムを選びましょう。 アラサー&アラフォーに似合う90’sファッションコーデのコツ メインとなるアイテムに90’sっぽさを入れるだけOKです。あとは、品の良さとスタイルアップを意識して組み合わせましょう。

ダッドシューズはバランス重視で

 ダッドシューズはとにかく推しなアイテムですね。ここまで推されると天邪鬼(あまのじゃく)な私は取り入れたくなくなってしまうのですが、確かに可愛く履きこなしている人を見ると素敵だなぁと思ってしまいます。
ダッドシューズ

ダッドシューズ 画像:WEAR

 さて、いっぽうでダッドシューズの悩みどころといえばそのゴツさゆえに脚のバランスが悪くなってしまう可能性があること。もともと足が細くて長い女性ならダッドシューズをどんな風にして履こうがそれなりにサマになりますが、脚に自信のない方にとってはまさにゾウさん足を誘発する存在なのですよ。それがダッドシューズ。辛い。  そんなダッドシューズはとにかくバランス重視でコーディネイトを組むことが先決。まず脚に自信が持てない方は、パンツスタイルをあきらめましょう、さようなら。ワイドパンツもボリューム過多になるのでオススメしません。 アラサー&アラフォーに似合う90’sファッションコーデのコツ 鉄板はロングのタイトスカートもしくはボリュームの出過ぎないミモレ丈のスカートです。ポンチ素材やジャージー素材などストレッチの効いたスポーティな素材だと足の欠点をカバーすることができます。そしていつもお伝えしていますが、足首は必ず出します。足首が見える、見えないだけでオシャレに見えるか野暮ったく見えるかが大きく変化します。  ボトムは抜きえりシャツ、身幅の広いショート丈トップスなどで上半身に目線がいくようにコーディネイトするとバランスが取れますよ。
次のページ 
プラスαの上品さがコーデ成功のカギ
1
2
Cxense Recommend widget
【ファッションのお悩み募集!】
ファッションスタイリスト&ライターの角侑子さんが、あなたのファッションの悩みにお答えします。相談したい方は、こちらのお問い合わせフォームまで、お名前はハンドルネームまたは匿名希望、題名の冒頭に【ファッション相談】を入れ、お送りください。コーディネートのこと、体型カバーのことなど、ファッションに関することであれば何でもOKです。
※相談内容の一部を変えて取り上げさせていただく場合がございます。


あなたにおすすめ